製品・サービス

<事例トップへ戻る

ヤマハ無線アクセスポイント導入事例
  • ◎お客様に快適なインターネットサービスを提供
  • ◎遠くの店舗のWLX302も無線LANの見える化で遠隔管理
  • ◎ポイントカードをスマホアプリで提供、その場で快適ダウンロード

 カラオケレストランのコロッケ倶楽部様では、来店されるお客様がメール・SNSなどを通じてお友達同士で思い出を共有する機会も多いそうです。そんなお客様がより快適に過ごせるよう、無線LAN導入を進めています。いままでは通信キャリアが提供する無線LANアクセスポイントが設置された店舗もありますが、利用できるスマートフォンのキャリアによっては利用できない、また、つながりにくいなど、お客様の利便性に寄与していませんでした。

コロッケ倶楽部 様 店舗内WLX302設置例
【サービス業】コロッケ倶楽部 様(株式会社ウチヤマホールディングス 様/株式会社ボナー 様)
img_02-02
img_02-06
img_02-10
img_02-10
img_02-14
img_02-17
spacer
導入前の課題

お客様の
ご不便を解消

遠くの店舗の無線
LANトラブル対処

既存の業務用
ネットワークとの隔離

 コロッケ倶楽部様は全国に116店舗(2015年4月現在)を持ち、遠くは東京、西日本の各都市にも店舗があります。お客様の快適なインターネット利用の為、経営母体である株式会社ボナー様の本社のある北九州からネットワークを管理しています。 ところが昨今のスマートフォン、タブレットの爆発的な普及に連動し無線LANアクセスポイントも増加し、結果として電波同士の干渉も多くみられるようになりました。 株式会社ボナー様では、このような状況を踏まえてより良いサービスをお客様に提供するべく、遠隔でも他の無線LANアクセスポイントの電波との干渉回避の必要を感じていました。しかしながら 各地の店舗に都度出向いて状況確認、設定変更するのでは移動にかかるコストと時間が膨大になります。 株式会社ボナー様ではこれらの各種問題への対応の即時性や効率を高めることが、お客様の満足につながるとして解決手段を探していました。

spacer
spacer
導入の経緯
既存のネットワークを「見える化」用として活用しつつ、お客様専用のネットワークを新たに構築

 株式会社ボナー様から相談を受けたNTTビジネスソリューションズ株式会社様は同社の業務データの通信システムを手掛けるなど、長いお付き合いをしています。今般の株式会社ボナー様の要望を受け、NTTビジネスソリューションズ株式会社様では、遠隔での管理性能の優れた製品をいくつか選定しどの製品を提案するか検討いたしました。現在も安価な無線LANアクセスポイント製品が多数存在していますが、今般の要件である遠隔での管理という点、また事前に機器を借用して設置候補先で実際に試してみることができるなど安心して提案できるという点において、ヤマハ無線LANアクセスポイント WLX302 を選定致しました。 遠隔管理については二つの視点を提案しました。一つは無線LANの電波、もう一つはネットワークに接続された機器をその管理対象にすることです。 無線LANの電波についてWLX302の持つ 「電波の見える化」で、ネットワークにつながっている機器については、同時に提案したヤマハPoEスイッチ SWX2200-8PoEとヤマハVPNルーター RTX1210 のもつ「LANマップ」機能を利用した管理を行うことで、株式会社ボナー様が本拠地である北九州に居ながらにして各店舗の状況を知ることができるという提案をしました。

導入ネットワーク構成
spacer
spacer
導入のポイント
spacer
  • Point
    1
    スマートフォンのキャリアに依存しない無線LANのサービスを提供
    ご来店のお客様の端末が無線LAN対応であればどなたにもサービスを提供
  • Point
    2
    無線LANの見える化で遠くの店舗の無線LANトラブルの初動対応を迅速化
    装置の故障以外の電波干渉も本部から確認可能
  • Point
    3
    お客様と業務利用のネットワークを分離しつつ管理
    管理は業務利用のネットワークから行うが、お客様は業務ネットワークにアクセスできない
spacer
spacer
spacer
導入後の効果

無線LANサービスの提供で
お客様満足を向上

ポイントカードアプリの
利用促進

 「電波の見える化」は、さまざまな問題が起き、なおかつ原因を推定することが非常に困難な無線LANのトラブル対応に役立ちます。問題への対処や、ポイントを絞り込むのに役立つ様々な情報を得ることができる機能で、トラブル対応にかかる負担を軽減することができます。 見える化の機能を持たない、コンシューマ向け製品での利用はコスト的には安価に収まりますが、お客様にサービス提供をするという前提に立つと、運用中のトラブルへの対処が難しく、結果としてお客様へのおもてなしが十分にならないと考えています。 こうした運用中の管理ができるということは、コロッケ倶楽部様各店は地下にある店舗もあり、携帯電話網に繋がりにくい所もある中、お客様がお持ちのスマートフォンが無線LANを通じてインターネットにアクセスできる状態を保つことに繋がり、来店された時のお客様の満足感の一部になっている、と感じています。

 また、コロッケ倶楽部様ではスマートフォン向けにポイントカードアプリを作成、配布しています。無線LANがあるおかげで、通信料金等のお客様のご負担を軽減し、気軽にダウンロードしていただけます。 さらにアプリである為、コロッケ倶楽部様のポイントカードをお客様に常に身に着けて頂けるようになっております。

コロッケ倶楽部 様 店舗内
spacer
spacer
spacer
お客様からの一言

もともとヤマハ製品はいくつか利用しており、使い慣れている面もありました。
今般導入したWLX302の「無線LANの見える化」機能は、各店舗の状況を把握でき、電話で事情を聴くなどの初動を効率よく行うことができます。
電波の競合など、無線LANアクセスポイント自身の故障や設定ミスなどによらない問題の対応などに対処、確認対象を絞り込むことができる情報を他の製品よりも多く、また見やすく得られるので、日々の運用に重宝しています。

株式会社ウチヤマホールディングス 経営企画室 システム 永井 信哉 氏、株式会社ボナー カラオケ事業部 スーパーバイザー 桑原 隆志 氏
spacer
spacer
spacer
お客様プロフィール
株式会社ボナーの外観写真
社 名 :
株式会社ボナー
本 社 :
福岡県北九州市小倉北区熊本
2-10-10
内山第20ビル 1F
設 立 :
1994年6月
U R L :
http://www.bonheure.co.jp/

株式会社ウチヤマホールディングス

http://www.uchiyama-gr.jp/index.html

九州を中心に116店舗(※)のレストラン&カラオケ店を展開するコロッケ倶楽部は、株式会社ボナーによって運営されております。株式会社ボナーはコロッケ倶楽部以外にも飲食店の経営も同時に行っております。株式会社ボナーは株式会社ウチヤマホールディングスのグループ企業ですが、同グループではハードウェアだけに頼らない人と人とのつながりを基盤とするサービス提供を通じてお客様におもてなしを提供しています。コロッケ倶楽部でも、アニメーション作品やキャラクター、声優をフィーチャーしたカラオケルームや、一人カラオケ、オンラインダーツなど、カラオケ店以上のおもてなしを多種提供されています。
※2015年4月現在
spacer
spacer
spacer
販売パートナー様
NTTビジネスソリューションズ株式会社ロゴ

社 名 :
NTTビジネスソリューションズ株式会社
九州支店
本 社 :
大阪府大阪市
設 立 :
平成25年10月1日
U R L :
http://www.nttbizsol.jp
NTTビジネスソリューションズ株式会社 九州支店 北九州ビジネス営業部 営業部門第二営業グループ 北九州東営業担当 担当課長 田口 久史 氏、北九州東営業担当SE 主査 片山 健二 氏

西日本電信電話株式会社の回線サービスのみならず、インターネットVPN装置や、無線LAN製品などを活用したソリューションをお客様に提供しています。 ヤマハネットワーク製品は提案した経験も多く安心して提案しております。今後はヤマハネットワーク製品もお客様案件の規模や、要件に合わせて選択できるようさらにラインナップを拡充していただけると幸いです。

spacer
ico_pdfコロッケ倶楽部様ヤマハ無線アクセスポイント導入事例PDFはこちら
spacer
spacer
戻る

ヤマハネットワーク製品お問い合わせ

購入前のご相談、ご購入先等に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークプロダクト部

〒135-8110
東京都江東区豊洲3丁目2番20号
豊洲フロント

E-mail : rt-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3032 FAX : 03-5859-3106

製品サポート等(ヤマハネットワーク製品の設置工事、保守)に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
CarePlus(ケアプラス)ネットワークサポートサービス

■CarePlusサービス内容や費用、その他総合的なお問い合わせ
E-mail : careplus-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3033

■ 技術的なお問い合わせ
E-mail : careplus-tech@ml.scsk.jp