製品・サービス

<事例トップへ戻る

ヤマハ無線アクセスポイント導入事例

    SWX2200を使って医療系と パブリック系のネットワークを分離 接続状況を可視化してリモートから保守

  • ◎IPsec VPNとスイッチ可視化でリモートから各ポートを管理
  • ◎マルチプルVLAN による患者ごとのセグメント分離
  • ◎ヤマハの機器で高信頼かつ低コストでネットワークを構築
【医療業】社会医療法人恵佑会第2病院 様
img_02-02
img_02-06
img_02-10
img_02-10
img_02-14
img_02-17
spacer
導入前の課題

2つの病院を
公衆網経由で接続

ロビーや病室で
無線LANを使えるように

インターネット経由で
リモートから保守管理

恵佑会第2病院は2012年3月、社会医療法人恵佑会の病院として、恵佑会札幌病院の近くに開院しました。徒歩3分の距離ですが、2つの病院の間には公道やほかの建物があります。そのため、2つの病院をネットワークでつなぐにあたって、フレッツ光ネクストの公衆網を利用することになりました。

また、新しい恵佑会第2病院では、ロビーや病室で患者さんや来院した人がインターネットにアクセスできるように無線LANを設置しようと考えました。そのため、医療系や業務系のネットワークにアクセスできてしまうことがないよう、各ネットワークを区切る必要がありました。

こうしたことから、病院間の接続やインターネット接続を含んだ新しいネットワークの構築を大洲電気さんにお願いしました。管理や保守も、大洲電気さんがインターネット経由でリモートから行えるようにしました。

spacer
spacer
導入の経緯

インターネットから病院内のネットワークに接続してリモートで監視や保守をするためのルーターに、IPsec VPN接続を利用できて低コストなヤマハのRTX810を導入しました。また、病院内のネットワークと、PCなどの接続状況をチェックできるよう、スイッチとしてヤマハのSWX2200を導入しました。RTX810とSWX2200の組み合わせにより、Web管理画面で各ポートの状況を可視化し、必要であればポートを切断することもできるようになりました。

ネットワーク全体図
RTX810
spacer 詳しい製品情報
spacer
SWX2200-24G
spacer 詳しい製品情報
spacer
SWX2200-8G
spacer 詳しい製品情報
spacer
spacer
spacer
導入のポイント
spacer
  • Point
    1
    VLANとループガード
    VLANを構成し、ネットワークのループ障害にも対応
  • Point
    2
    リモート保守とネットワーク可視化
    IPsec VPNでリモート接続し、ネットワークの状態を可視化して確認できる
  • Point
    3
    低コストで高信頼
    IPsec VPNやタグVLANのギガビットネットワークを低コストで構成し、トラブルも少ない
spacer
spacer
spacer
導入後の効果

安全な来客・患者用
ネットワークを提供

リモート保守で安心して
サポートを任せる

低コストかつ高信頼性の
ネットワークを実現

ネットワークを2系統設けて、ロビーや病室のパブリックネットワークと病院のシステムを区切るほか、タグVLANによるマルチプルVLANを設定して、患者さんごとにネットワークを区切って相互に遮断するように構成しました。

また、インターネット経由のIPsec VPN接続で大洲電気さんがリモートで保守管理できるようにし、普段はログを収集するほか、トラブルが起こったときには診断や対応がとれるようになっています。単に「つながらない」というときにも、スイッチのポートが可視化されてリモートから調査できますし、問題のある機器があれば接続を遮断することもできます。以前、ネットワークで不用意にケーブルをつないでループが発生したことがありますので、ループガードの対策も必要でした。

これらVLANやIPsec VPN、管理機能などを利用するのに、ヤマハのルーターやスイッチを使うことで、低コストでありながら信頼性が高いネットワークを構成できました。前述したように、トラブルが発生したときにリモートから保守できるようになっていますが、ヤマハの機器に故障がないので、実はなかなか出番がないとのことです。

spacer
spacer
お客様からの一言

ヤマハのネットワーク機器は、故障やトラブルが少ないので信頼を置いて使っています。いざトラブルが発生したときに対応するための保守性でも、リモート保守のための機能が用意されているので安心です。

また、どうしても、新しいネットワークのための予算は限られますので、機能の充実に対してコストが低く済むのもありがたいところです。さらに、サポートに問い合わせたときのレスポンスが早く、設定例をホームページで公開しているなど、細やかなサポートが行き届いているのも助かります。大洲電気さんも、ヤマハの機器での豊富な経験を持っているので、安心してお任せしています。

社会医療法人 恵佑会札幌病院 システム課 主任 医療情報技師 秋津 哲久氏
spacer
spacer
お客様プロフィール
社会医療法人恵佑会第2病院ロゴ

名称
社会医療法人恵佑会第2病院
所在地
札幌市白石区本通13丁目北7番1号
開院
平成24年3月1日
診療科目
内科・消化器内科
入院病床数
135床
URL
http://www.keiyukai2.jp/
社会医療法人恵佑会第2病院の外観写真
spacer
spacer
spacer
販売パートナー様
大洲電気株式会社ロゴ

社名 :
大洲電気株式会社
本社 :
札幌市東区北6条東2丁目3-6札幌総合卸センター1号館4階
設立 :
昭和41年10月21日
URL :
http://www.daisyu.co.jp/
大洲電気株式会社 代表取締役 澤田 博和 氏
spacer
ico_pdf社会医療法人恵祐会第2病院様様ヤマハルーター導入事例PDFはこちら
spacer
spacer
戻る

ヤマハネットワーク製品お問い合わせ

購入前のご相談、ご購入先等に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークプロダクト部

〒135-8110
東京都江東区豊洲3丁目2番20号
豊洲フロント

E-mail : rt-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3032 FAX : 03-5859-3106

製品サポート等(ヤマハネットワーク製品の設置工事、保守)に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
CarePlus(ケアプラス)ネットワークサポートサービス

■CarePlusサービス内容や費用、その他総合的なお問い合わせ
E-mail : careplus-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3033

■ 技術的なお問い合わせ
E-mail : careplus-tech@ml.scsk.jp