製品・サービス

PureFlow WS1 ご紹介

■ ユニファイドネットワークコントローラ PureFlow WS1

PureFlow WS1

ネットワークソリューションの新しいプラットフォーム

日々変わり続けるネットワークに対応していくため、PureFlowは新たな形へと進化しました。ユニファイドネットワークコントローラ PureFlow WS1は帯域制御機能を標準装備。その上にライセンスを導入することで、様々な機能を実現することが可能になります。
この1台がお客様に最適なネットワーク環境をご提供します。

PureFlow WS1の導入効果
■高精度シェーピングで通信品質を改善
PureFlow WS1 通信品質改善図

バースト状に送信されるパケットは、ネットワーク機器のバッファに格納できずに廃棄されてしまい、通信品質を劣化させる可能性があります。PureFlow WS1は、独自開発した高精度シェーピングエンジンにより、パケット送信間隔を調整することで、トラフィックを平滑化して安定した通信環境を構築できます。

■マイクロバースト抑制によるパケットロス低減
PureFlow WS1 マイクロバースト抑制図

高性能サーバーや映像のエンコーダ装置は、マイクロバーストを送信しやすく、ネットワーク内でパケットロスを引き起こします。PureFlow WS1は、大容量のパケットバッファを持ち、マイクロバーストを抑え、パケットロスの発生を低減します。

■通信状況の可視化 ※オプションソフトウェアが必要となります。
PureFlow WS1 通信可視化の状況図

ネットワーク可視化ツールの「モニタリングマネージャ2」は、ネットワークに流れるトラフィックの状況を5種類の形式で表示・レポートすることができます。目的に応じてわかりやすく可視化できます。

PureFlow WS1の特長、機能
■本体と機能ライセンスの組み合わせで必要な機能環境を提供
PureFlow WS1 ライセンス概念図

ライセンスを組み合わせることで、必要機能を組み合わせてユーザー毎に最大の通信改善効果を提供

■最大4096※キューで自由に帯域制御

さまざまなポリシーに対応可能
※別途シナリオ拡張ライセンスが必要です。

■ネットワークポートはSFP※に対応

光ファイバーを直収することが可能(1000BASE-X/T)
※SFPはオプションです。

■階層化シェーピングは4階層

より細かい帯域制御ポリシーに対応可能

■バイパス機能を標準装備

万が一の障害時でも通信を継続可能
※対応ポート:標準具備の1000Base-Tポートのみ

■WebAPI対応

プログラムを作成することで、ユーザ側でアプリの使用帯域の変更が可能
活用方法など詳細はこちらを参照

■保守サポート

PureFlowシリーズは、国産製品なので保守・サポートも安心

お問い合わせ・資料請求

ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワーク部

TEL 03-5859-3034
E-mail GS1-info@ml.scsk.jp

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム