製品・サービス

PureFlowシリーズ

PureFlowシリーズ対応 ネットワーク可視化オプション

■ モニタリングマネージャ2

~リアルタイムのトラフィック情報の可視化のほか、長期間のトラフィックもレポーティングが可能~

モニタリングマネージャ2

「モニタリングマネージャ2」は、PureFlowシリーズを通過する通信情報を収集/蓄積し、トレンド分析に必要な統計情報の表示や解析が可能なオプションソフトウェアです。
「モニタリングマネージャ2」を利用することで、トラフィック量の監視や異常の分析はもちろんのこと、様々な通信に関する情報をグラフ表示や、レポートという形で作成し、取得することかできますので、今後のキャパシティプランニングに至るまでの情報収集も強力にバックアップします。

モニタリングマネージャ2が、ネットワーク可視化への課題を解決

ネットワークの適切な管理、運用では、ネットワークの可視化が必要不可欠です。

  • 「現在の通信状況は。」
  • 「時間帯別に、どのような通信状況の差があるか。」
  • 「障害発生の予兆はないか。」
  • 「トラフィックレポートが欲しい。」

など、様々なネットワークで課題となる要件も「モニタリングマネージャ2」が解決します。

モニタリングマネージャ2が、企業、組織のネットワーク可視化を強力にバックアップ
構成イメージ
■PureFlowシリーズのトラフィック情報を収集、蓄積して可視化

モニタリングマネージャ2は、1台から最大255台のPureFlowシリーズのトラフィック情報を収集し、管理します。収集したトラフィック情報は蓄積した上で、統計情報として可視化し、GUIベースの操作メニューより、容易なレポーティング出力も可能です。

◆モニタリングマネージャ2 構成イメージ
モニタリングマネージャ2 構成イメージ

画像をクリックすることで、大きなイメージを参照可能です。

特長・機能
■複数台のPureFlowシリーズのトラフィック統計情報を可視化

「モニタリングマネージャ2」 は、複数台のPureFlowシリーズを一元管理します。

■わかりやすい多様なグラフをサポートするトラフィックグラフ機能

円グラフ、棒グラフ、積み上げグラフ、折れ線グラフなど、目的に応じたグラフをサポートします。

■リアルタイムでのトラフィック分析、過去からのトラフィック推移も可視化

リアルタイムに収集し、蓄積した通信情報を元に、ネットワークの状況が容易に把握可能です。

■レポート機能(自動、手動)で、運用をバックアップ

時間、日、週、月、年単位での定期的なレポートの自動作成や、手動作成をサポートします。

■トップカウンタ表示

IPや、ポート番号など、様々な集計条件によるトラフィック量の順位を最大トップ25位までを分類して表示します。

■閾値越えアラート機能

トラフィック量など閾値超えの通信をアラートで通知。将来のキャパシティプランニングをバックアップします。

グラフ表示イメージ、設定画面イメージ
モニタリングマネージャ2の様々な活用手法について

SCSKでは、毎月実施中のPureFlowシリーズハンズオンセミナーにて、モニタリングマネージャ2の更なる機能や活用について、ご説明しております。
製品についてご興味あるユーザー様、パートナー様は、 PureFlowシリーズハンズオンセミナーにぜひともご参加ください。

お問い合わせ・資料請求

ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワーク部

TEL 03-5859-3034
E-mail GS1-info@ml.scsk.jp

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム