製品・サービス

主要機能

PureFlowシリーズは、独自に開発した高精度帯域制御エンジンと柔軟なパケット分類機能を持つ帯域制御装置です。これまで別々の専用線サービスにて構築されていた情報系や勘定系、音声系と いったアプリケーションをIP-VPNや広域イーサネットに統合する際に、重要な課題であったミッションクリティカルなデータの通信品質を確保し、帯域使用効率の格段の向上と安心・安全なネットワークを実現します。さらに、従来製品の約1/5のイニシャルコスト、1/4程度のランニングコストという圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。

■ 独自開発の高精度帯域制御エンジン
~使用可能帯域を無駄なく制御~

当社独自開発の高精度帯域制御エンジンにより、極めて精度の高い帯域制御を可能にしました。契約回線帯域を 今まで以上に効率的に使用することができ、回線使用料等、ランニングコストを大幅に削減することができます。

~ストリーミングアプリケーションに最適~

PureFlowシリーズの帯域制御は高精度なシェーピング方式を採用しており、TV会議やVoIP、VODのようなストリーミングアプリケーションが混在する統合ネットワーク環境においても最適なパケット配信間隔で転送し、ネットワークの輻輳を防ぐことができます。これにより、ネットワークにおけるパケット損失を防ぎ、音声や映像の品質をこれまで以上に確保することができます。

バースト状態で入ってきたパケットを高精度で調整し
理想的な出力タイミングで送出

■階層シェーピング機能
~高効率な回線使用が可能に~

PureFlowシリーズでは基本4階層、PureFlow GSXでは8階層(いずれもポートシェーピング含む)のシェーピング構造となっており、これにより契約回線単位や拠点単位、アプリケーション単位でのきめ細かい帯域制御が可能になります。ユーザのネットワークに合わせた効率の良い回線使用が実現可能です。

■Contents Aware Shaping
~音声、映像の自動帯域制御が可能に~

PureFlowシリーズはTV会議、IP電話の帯域を自動制御することが可能です。これにより、音声、映像に対する最適な環境を構成することができます。また、ユーザの増加や管理を容易にすることができます。

■バイパス機能(FBモデル、GBモデル)
~電力供給が停止しても通信を継続するバイパス接続機能~

PureFlowシリーズには、通信を停止させないバイパス機能があります。
電源の供給が止まったり、システムに異常が発生するなど、正常な動作が出来なくなった場合に、自動的に通信のバイパスを行いますので、ネットワークを止めません。
更に、マニュアルバイパス機能もサポートしておりますので、ネットワークのテストなどで一時的にバイパス動作をさせたいという要望にも対応可能です。

内蔵バイパス機能により障害発生時も通信も確保

■IPv6サポート
~各種WANサービスに柔軟対応~

PureFlowシリーズは、IPv4、IPv6もサポートしています。これにより、既存のIPv4ネットワーク環境に加え、IPv4/IPv6が混在するネットワーク環境における制御が可能です。また、CoSやToS(IPv4)、トラフィッククラス(IPv6)を利用した制御もでき、 WANサービスが提供するQoSオプションと併用した設定ができます。

■リンクダウン転送機能
~対向装置へリンクダウン通知~

PureFlowシリーズに接続される回線に異常があり、リンクダウンを検知した場合、もう片方の回線もリンクダウンさせることで対向装置へ回線異常を通知します。

■Syslog Host登録数が16に増加
~障害発生時の検知、対応が迅速に~

Syslog Host登録数が16までとなりました。これによりSyslogサーバへの通知だけでなくネットワーク管理者へのPC通知も可能になり障害発生からネットワーク管理者の認識までの時間短縮、対応がより迅速に行えます。

■制御トラフィックのきめ細かなモニタリング
~状態監視機能~

制御トラフィックごとにきめ細かな統計情報をエンタープライズMIBとして取得することができます。MRTGなどのSNMP監視システムにより、制御トラフィックごとの状態監視を容易に行うことができます。

■小型・軽量・低騒音・低消費電力
~環境にやさしい省スペース設計~

PureFlowシリーズは設置環境に配慮した小型軽量、低騒音、低消費電力設計を採用しており、設置場所を選びません。専用のラックマウントキットにより、2台の装置を並べて19インチラックに設置することができ、経済的です。

お問い合わせ・資料請求

ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワーク部

TEL 03-5859-3034
E-mail GS1-info@ml.scsk.jp

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム