製品・サービス

ケーススタディ - アプリケーション統合ネットワーク

 
 
PureFlow GS1導入前
PureFlow GS1導入前
問題事象
  • 多種多様なアプリケーションがネットワーク上を流れているため、重要な業務アプリケーションの応答が悪化
  原因
  • 特定のトラフィックが回線を占有してしまう。
  • 回線帯域が変わるポイント(LAN→WAN)で輻輳が発生。
  • 各トラフィックが干渉し合い、ネットワーク全体のレスポンスが悪化
  PureFlow GS1を導入すると・・・
 
PureFlow GS1導入後
PureFlow GS1導入後
解決方法
  • 回線速度差が発生する箇所にGS1を設置し、安定した通信を実現。
  • 業務系アプリケーションに最低保証帯域を設定し、輻輳時の帯域を確保することで応答性を確保。

お問い合わせ・資料請求

ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワーク部

TEL 03-5859-3034
E-mail GS1-info@ml.scsk.jp

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム