ThreatARMOR

お問い合わせはこちら

ixiaの優れたセキュリティ製品

サイバー攻撃は、日々進化しています。セキュリティチームは、侵入者とマルウェアの脅威からシステムを守らなければなりません。しかし、侵入の試みやフィッシング攻撃などは絶え間なく続き、セキュリティシステムは大量の攻撃を検知し続けます。セキュリティチームは、検知した脅威を解析し続け、負担は増すばかりです。
ixiaは、セキュリティ上の脅威を軽減し、セキュリティシステムのパフォーマンスを最大限発揮させ、セキュリティチームの負担軽減を可能にするソリューションを提供します。

IPフィルタリング型サイバー攻撃アプライアンス

ThreatARMORとは

マルウェアによる通信やダウンロード、極秘データの送信の試みなど、不正通信を自動的に阻止して、企業、組織のセキュリティを向上する製品です。ネットワークプローブやフィッシング詐欺、クリック詐欺のほか信頼できない国から送受信されるすべてのトラフィックを阻止するため、ゼロデイやランサムウェアなどの変異のような攻撃によるリスクのほか、ネットワークを脅かしたり、セキュリティーアラートの洪水を起こしたりする悪意のある接続の最大80%を減らします。ixiaのATIリサーチセンターは、阻止された各IPアドレスを毎日、個々に検証するThreatARMORのために、常に脅威インテリジェンスを提供しますので、最新の脅威から防御することが可能です。

ThreatARMOR 筐体イメージ図

ThreatARMORの効果

問題点:保護対策は高額である

ITセキュリティチームは、侵入者とマルウェアという2つの脅威からシステムを守らなければなりません。しかし連続する侵入の試みやフィッシング攻撃が絶えず続くと、安全性がどこで侵害されているか、本当の問題箇所を探すことは不可能になります。トラフィックログを分析したり、誤検出にフラグを立てたり、ITが費やす時間、そしてコストも増え続けています。高額のマルウェア検知エンジンは効果的ですが、ネットワークの性能に大損失をもたらすことがよくあります。

ソリューション:リスクを軽減させて、生産性を向上させる

ixia ThreatARMORは、侵入からシステムを守り、時間に追われるITセキュリティチームの負担を軽減する強力なツールです。ThreatARMORは、企業ネットワークの防衛の最前線で、悪質、あるいは疑わしいサイトトラフィックをファイアウォールや侵入防止システムに達する前に自動的に削除します。さらにThreatARMORは、特定地域からの通信をブロックする機能により、外国からのトラフィックをネットワークから排除することができ、ネットワークの可用性に影響を与えるような攻撃を未然に防ぐことができます。

ThreatARMORによる先を見越したアプローチにより、不必要なトラフィックが減るだけでなく、ITの生産性が向上します。不要なトラフィックをブロックして、最新の情報を利用するので、ThreatARMORは業務全体を監視することから、作業に影響がでるような重大な問題点を識別することでITのフォーカスを改革します。

ThreatARMORの防御

ネットワークを通過するのは 2つのトラフィック

  •  分析する価値がある関心のあるトラフィック
  •  分析する価値がない悪意のあるIPアドレス
    ハイジャックされたIPアドレス
    登録されていないIPアドレス
    明らかに通信しない送信元、送信先
ThreatARMORの防御 概念図

ThreatARMORのシステム構成と動作

分析する価値のないトラフィックをIPレベルでフィルタリングします。
ハードウェア処理により、ThreatARMOR のパフォーマンスに影響はありません。

ThreatARMORのシステム構成と動作 概念図

特徴

ThreatARMORのモデル一覧

モデル名 THREATARMOR-1G THREATARMOR-10G
ネットワークポート(IN/OUT) 1G 4ポート 2ペア
Copper
10G 4ポート 2ペア
10G SR 50μm
電源、FAN冗長化
故障時の動作モード Fail Open(パススルー)
アクセス方法 HTTPS
電源仕様 100-240VAC, 4.5A, 47-63Hz
サイズ(cm)
[幅x高さx奥行]
43 x 4.4 x 40
備考 IPアドレスデータベース更新用に次年度以降は年間ライセンスのご契約が必要です
  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワーク部
TEL:03-5859-3034
FAX:03-5859-3102
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら