TAP

お問い合わせはこちら

ネットワークタップ

ネットワーク・タップは、ネットワーク機器であるスイッチやルータを接続するネットワークケーブルの信号を分岐させる装置です。
スイッチングHUBからネットワーク信号を取り出すためには通常は、モニタリングポート、SPANポートを利用しますが、上り下りのネットワークトラフィックを一つのポートに集約(アグリゲーション)するため、すべてのトラフィックを取り出すのは難しいといえます。
ネットワーク・タップを利用することで、すべてのパケットを物理的にネットワーク機器に負荷を与えることなく取り出すことができることから、安心且つ有効にネットワーク可視化環境が実現できます。

これらの課題を解決するために専用装置としてネットワークタップが開発されました。
ネットワークタップにより、ネットワークを流れるパケットを安全、確実に取り出し、
ネットワークの安定性向上、アベイラビリティの向上など、お客様のネットワークの可能性を最大限に引き出すことを実現します。
IXIAのネットワークタップは、複数のモデルに分かれます。

カッパータップ

カッパータップは、ネットワーク機器であるスイッチやルータを接続するネットワークケーブルの信号を分岐させる装置です。
スイッチングHUBからネットワーク信号を取り出すためには通常は、モニタリングポート、SPANポートを利用しますが、上り下りのネットワークトラフィックを一つのポートに集約(アグリゲーション)するため、すべてのトラフィックを取り出すのは難しいといえます。
カッパータップを利用することで、すべてのパケットを物理的にネットワーク機器に負荷を与えることなく取り出すことができることから、安心且つ有効にネットワーク可視化環境が実現できます。

カッパータップ
カッパータップ イメージ図
カッパータップ 回線イメージ図

ファイバータップ

光(ファイバー)モデルのネットワークタップは、光の分光率を変えてネットワークに光を戻し、一部の光信号をツールポートに出力する製品です
電源モジュールが不要なため、小型化、高密度化されており、1Uラックに最大24個のファイバータップが収容可能です。

高密度ネットワークタップ
高密度ネットワークタップ イメージ図
高密度ネットワークタップ 回線イメージ図

アグリゲータータップ

アグリゲータータップは、上りと下りのトラフィックを集約し、1つのポートから出力します。
カッパータップやファイバータップは、上りと下りの2ポートでトラフィックをキャプチャするため、
複数ポートからトラフィックを入力できる機器が必要です。
複数の入力ポートを持たないネットワーク可視化装置やノートPCをご利用の場合は、
アグリゲータータップでネットワーク可視化を実現してください。

アグリゲータータップ
アグリゲータータップ イメージ図
アグリゲータータップ 回線イメージ図

ネットワークタップラインナップ

分類 型番 製品名 特長
カッパー TP-CU3-ST 10/100/1000Basae-Tタップ 電源二重化対応のカッパータップのトラフィックをタップします
カッパー TP-CU3-ZD 10/100/1000Basae-Tゼロディレイタップ 電源二重化対応、電源断時もネットワーク経路を停止させない唯一のネットワーク・タップです
ファイバー TP-1-SX-50-xx Flex Fiber Tap, 1000BASE-SX, 50μm 1G SX、コア系50μmに対応
ファイバー TPX-10-SR-50-xx Flex Fiber Tap, 10GBASE-SR, 50μm 1/10G SR、コア系50μmに対応
ファイバー TPX-40-SR-50-xx-MTP Flex Fiber Tap, 40GBASE-SR, 50μm 40G SR、コア系50μmに対応
ファイバー TP-100-LR-85-xx Flex Fiber Tap, 1/10/40/100G LR, 8.5μm 1/10/40/100G LR、コア系8.5μmに対応
アグリゲーター TPA2-CU3 10/100/1000Basae-Tポートアグリゲーションタップ 電源二重化対応。上り下りトラフィックを集約して出力します
  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワーク部
TEL:03-5859-3034
FAX:03-5859-3102
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら