Hawkeye

お問い合わせはこちら

Hawkeyeとは

ixiaのHawkeyeは、ネットワークやサーバーの性能を定期的に測定し、サービス品質を測定するアクティブ・モニタリング製品です。

VoIP、ビデオ会議、統合コミュニケーションツール(ビジネスSkype)やクラウド、SDN環境への変化など、先進的サービスを提供することは、企業組織が競争の激しい領域で生き残るためには欠かせません。
特にサービス低下が及ぼす影響は深刻であり、ネットワーク管理者とオペレーターは、ネットワークの性能を測定するための簡単で信頼できる方法や、手間をかけずに新たなアプリケーションを確実に提供する方法が必要であるといえます。

Hawkeyeは、そういった課題を解決するための、ネットワークKPIによるエンド-エンド間の通信量、遅延、パケットロス、スループットを定期的に測定し、問題発生箇所の特定、計測値の定量化を行い、ネットワークの稼働状況を的確に把握、管理することができる製品です。

 Hawkeye ロゴ
 Hawkeye XRPi2 イメージ図

システム構成

Hawkeyeは大きく二つのシステムで構成されます。

コンソールは、Hawkeyeのフロントシステムとなります。クライアントはウェブブラウザでコンソールに接続し、Endpointと呼ばれるネットワーク測定装置の管理・制御を行います。
また、各Endpointのテスト結果の保存、レポートとアラーム管理を行います。
コンソールはVMwareのOVAファイルで提供されます。VMware上に簡単にデプロイすることが可能です。また、無償で利用可能なVMware Player上で動作させることも可能です。

Endpoint(エンドポイント)は、Hawkeyeコンソール配下で管理される試験デバイスです。
あらゆるプラットフォーム上で動作するエージェント・ソフトウェアと性能を担保するためのハードウェアタイプで提供されます。

ソフトウェアタイプ(エージェント)の対応プラットフォーム

ハードウェアタイプ

全ネットワークをアクティブ測定

ネットワークのアクティブ測定 イメージ図

特長

テスト項目概要

次のテストをEndpoint間で測定します。

テスト項目概要 イメージ図

コンソール:リアルタイムダッシュボード / 結果マップ表示

コンソール:リアルタイムダッシュボード イメージ図
Googleマップ上にEndpointとテスト結果を表示 イメージ図
(Googleマップ上にEndpointとテスト結果を表示)
  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワーク部
TEL:03-5859-3034
FAX:03-5859-3102
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら