Vision

お問い合わせはこちら

ケーススタディ

BEFORE

セグメント単位に、不正侵入対策製品を設置。高いコスト

Vision ケーススタディ(1)【BEFORE】:セグメント単位に、不正侵入対策製品を設置。高いコスト 説明図セグメント単位にセンサー配置は、運用コストが高い

AFTER

各セグメントの通信をVisionで集約。1台で対応

Vision ケーススタディ(1)【AFTER】:各セグメントの通信をVisionで集約。1台で対応 説明図VisionでSPANポートを集約し、センサー数を減らすことが可能です。

BEFORE

複数のネットワーク可視化装置を導入。限界とパフォーマンス問題

Vision ケーススタディ(2)【BEFORE】:複数のネットワーク可視化装置を導入。限界とパフォーマンス問題 説明図いくつもSPANポートの設定はできない。パフォーマンスも限界

AFTER

Visionでトラフィックを一度にフォワード

Vision ケーススタディ(2)【AFTER】:Visionでトラフィックを一度にフォワード 説明図Visionで複数SPANポートのトラフィックを複数生成することが可能です。
また、処理能力が無い製品はフィルタにて必要トラフィックのみに限定することが可能です。
  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワーク部
TEL:03-5859-3034
FAX:03-5859-3102
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら