TAP

お問い合わせはこちら

ネットワークタップとは

IXIA TAPは、ネットワークタップとバイパススイッチを主とする安全な仕組みで、パケットを外部解析装置に渡し、ネットワークの可視化やセキュリティ対策、ネットワークの不停止を実現する製品群です。ネットワークスイッチもモニタリングポート(SPANポート)により、パケットを取り出すせますが、課題があります。

これらの課題を解決するために専用装置としてネットワークタップが開発されました。
ネットワークタップにより、ネットワークを流れるパケットを安全、確実に取り出し、
ネットワークの安定性向上、アベイラビリティの向上など、お客様のネットワークの可能性を最大限に引き出すことを実現します。
IXIAのネットワークタップは、複数のモデルに分かれます。

ネットワークTAP

ネットワークのトラフィックは上り/下りに分かれており、ネットワークタップは上り/下り毎にパケットを取り出します。
FiberタップとCopperタップがあり、Fiberタップは電源不要でMTBFがなく、故障することはありません。
最も利用されているパケットの取得方法です。
また、アグリゲータータップを利用すると、上りと下りのパケットを集約(アグリゲーション)して、
1ポートで取り出すことができるため、ノートPCやポートが少ない解析装置に接続する際、有効です。
本装置は、パケットロス防止用専用バッファを内蔵しています。

バイパススイッチ

IDS/IPS、次世代FWやWAFはネットワークのインラインに設置され、
通過するパケットの中身を検査し、不要なトラフィックをブロックしたり、パケットの暗号・復号化を行います。
しかし、インライン装置が故障したときネットワークも停止します。
バイパススイッチは、インライン装置がLinkDownや、性能低下を検知すると、
ネットワークからインライン装置を切り離してネットワークを停止させません。

  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワーク部
TEL:03-5859-3034
FAX:03-5859-3102
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら