製品・サービス

最新ファームウェア情報

こちらのページでは、RADIUS GUARDシリーズの最新ファームウェアのバージョンと、新たに実装された機能アップ情報の確認が可能です。

RADIUS GUARD S
ファームウェア
バージョン
主な機能アップ内容 リリース日
6.12.01
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2019/12/04
6.12.00
  • ADサーバーとの連携機能を拡張致しました。
  • ユーザーツール機能の管理機能を強化致しました。
  • 管理画面の表示機能を拡張致しました。
  • Apple社製OSの新しいサーバー証明書要件に対する機能を拡張致しました。
  • コンソール接続機能を追加致しました。
  • いくつかの機能追加を実施致しました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2019/10/11
6.11.00
  • 対応する認証方式を追加(MS-CHAPv2等)致しました。
  • ユーザーツール機能の申請機能を拡張致しました。
  • RADIUS PROXY機能に機能追加(eduroam向け)を実施致しました。
  • いくつかの機能追加を実施致しました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2019/03/29
6.10.01
  • メール設定画面の機能追加致しました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2018/08/27
6.10.00
  • 外部LDAP/AD参照先登録数の上限を拡張致しました。
  • 認証時のログ出力について任意設定が可能な拡張ログ機能を追加致しました。
  • Accountingログ出力機能を強化致しました。
  • 管理者アカウントの種類を追加致しました。
  • アカウント一括登録機能を拡張致しました。
  • クライアント証明書の拡張キー設定を追加致しました。
  • いくつかの機能追加を実施致しました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2018/06/18
6.09.01
  • 脆弱性に対する修正を行いました。
2018/02/14
6.09.00
  • RADIUS認証機能にいくつかの機能追加を実施致しました。
  • Accounting利用時の機能(二重ログイン防止含む)を拡張致しました。
  • Disconnect-requestの実装致しました。
  • ユーザツール機能利用時の申請ポリシー数を拡張致しました。
  • ユーザツール機能にいくつかの機能追加を実施致しました。
  • いくつかの不具合を修正及び機能追加を実施致しました。
2018/01/10
6.08.03
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2017/12/04
6.08.02
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2017/11/06
6.08.01
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2017/09/29
6.08.00
  • 申請ポリシーにいくつかの機能追加を実施致しました。
  • ユーザツール機能にいくつかの機能追加を実施致しました。
  • ネットワークプロファイルの最大数を拡張致しました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2017/08/10
6.07.01
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2017/04/17
6.07.00
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2017/02/28
6.06.00
  • 外部認証局(UPKI)で発行されたクライアント証明書の配付機能を実装致しました。
  • 1対Nの冗長構成時のスレーブ数の上限を拡張致しました。
  • 外部ファイルによる10万アカウントのインポートに対応致しました。
  • アカウント一覧画面の検索機能を強化致しました。
  • ログの検索機能を強化致しました。
  • いくつかの機能追加を実施致しました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2017/01/10
6.05.00
  • 証明書アカウント(CN)の利用可能な記号の拡張をしました。
  • ユーザー申請時に、MACアドレスのCalling-Station-IDの自動格納に対応しました。
  • ログ出力の内容等を改善致しました。
  • いくつかの機能追加を実施致しました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2016/08/10
6.04.00
  • 外部LDAP/ADの連動アカウント削除機能でユーザーアカウントが削除可能となりました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2016/05/19
6.03.01
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2016/03/30
6.03.00
  • いくつかの機能追加/変更を実施致しました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2016/02/26
6.02.00
  • DHCPサーバ機能に機能追加を実施致しました。
  • スコープの払い出し範囲設定上限を30から300に変更致しました。
  • アカウント有効期限の事前警告メールに対応致しました。
  • アカウントにNAS-IP-AddressとNAS-Portの紐付けに対応致しました。
  • ユーザー申請機能で、1申請で複数のユーザーを申請可能にしました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2016/01/15
6.01.01
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2015/10/13
6.01.00
  • マルチネットワーク対応のスーパースコープ(shared-network)の設定を可能にしました。
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2015/09/09
6.00.00
  • リリースバージョン
2015/06/10
RADIUS GUARD
ファームウェア
バージョン
主な機能アップ内容 リリース日
5.06.05
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2016/09/27
5.06.04
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2015/11/04
5.06.03
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2015/05/15
5.06.02
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2015/03/18
5.06.01
  • いくつかの不具合を修正致しました。
2015/02/06
5.06.00
  • MAC認証時に、区切り文字を除去して認証する機能を追加しました。
  • MACアドレスが登録済であれば、認証を許可するノンパス認証機能を追加しました。
  • 内部LDAPに登録されたアカウントのリストを、外部FTPサーバーに出力する機能を追加しました。
  • ユーザー機能ツールの項目名を、英語表示に対応しました。
  • DHCPで払い出し済のIPアドレス数を管理し、指定したしきい値を超えた場合に、管理者へメールを送信する機能を追加しました。
  • ユーザーアカウントのパスワード世代管理機能を追加しました。
2014/11/27

最新ファームのお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

本製品・サービスについてのお問い合わせ

ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワーク部
TEL 03-5859-3034
FAX 03-5859-3102

お問い合わせフォーム