製品・サービス

RADIUS GUARDトップ

※ご案内※
RADIUS GUARDには、bashの脆弱性(CVE-2014-6271)による影響はございません。

RADIUS GUARD
RADIUS GUARDの特長
適用シーン・導入事例
仕様・機能一覧
連携製品情報
カタログ・資料
RADIUS GUARD (ラディウスガード)とは?

RADIUS GUARDは、認可したユーザーや端末だけに、業務ネットワークへのアクセスを許可することができる認証アプライアンスサーバーです。証明書による端末認証を行い、未認可のPCや未認可のスマートデバイス(iPhone,iPad、Androidスマート フォンやタブレットなど)からの不正な業務ネットワーク利用を防ぎます。

RADIUS GUARDは導入後、企業や組織内の認証スイッチ・無線LAN・VPNとの連携をさせることで、容易にユーザー認証、端末認証を行えるようになりますので、業務ネットワークへのリモートアクセスの安全性を向上させることが可能です。RADIUS GAURDは、スマートデバイスの業務活用や企業内無線WiFI、VPN利用時の情報漏えい対策として有効です。

RADIUS GAURDは、1つの筐体で運用が可能なアプライアンス型の「RADIUS GUARD S」(ラディウスガードエス)と、仮想サーバーに導入して利用する仮想アプライアンス版の「RADIUS GUARD S VA」、DHCPサーバー機能にフォーカスした「RADIUS GUARD S DHCP」など、RADIUS GUARDシリーズとして豊富なラインナップがございます。

ライセンスも、200ユーザーから200,000ユーザーまでの管理に同一筐体のまま対応しますので、あらゆる企業、 組織ネットワークの認証環境の整備と、安全性の向上を低コストで実現可能です。

詳細はこちらをご参照ください。⇒RADIUS GUARD S の特長

RADIUS GUARD ケーススタディ 導入メリット、製品機能を詳しく紹介
【最新情報】

過去の情報はこちら

本製品・サービスについてのお問い合わせ

ITエンジニアリング事業本部 ネットワーク部
TEL 03-5859-3034
FAX 03-5859-3108

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム