当社の「働き方改革」

働き方改革の推進

働き方改革の全体像

当社は「働きやすい、やりがいのある会社」を目指し、「スマートワーク・チャレンジ(効率的な働き方)」「どこでもWORK(柔軟な働き方)」「健康わくわくマイレージ(健康増進)」を実施しています。

社員が心身ともに健康で、仕事にやりがいを持ち、最高のパフォーマンスを発揮してこそ、お客様の喜びと感動につながる最高のサービスが提供できる。その付加価値が、企業の発展につながり、ステークホルダーの皆様に利益還元できるという好循環のサイクルが生まれると考えています。

「働きやすい、やりがいのある会社」に向けて(スマートワーク・チャレンジへの取り組み)

2013年4月から「スマートワーク・チャレンジ20(スマチャレ20)」という取り組みを実施しています*。「より効率的(スマート)に働き(ワーク)、目標(有給休暇20日取得、月間平均残業20時間未満)に挑戦する(チャレンジ)」ということからこの名称が生まれました。

この施策では、各部署で主体的に業務を効率化する取り組みを進める一方、削減した残業代を全額社員に還元することを前提に、残業削減・休暇取得の目標を達成した際に支給する達成インセンティブ(特別ボーナス)、年次有給休暇を100%取得した後の不測の事態に付与するバックアップ休暇、飛び石連休の間の平日などに設定する全社一斉有休日(年次有給休暇の計画的付与)、時間外勤務時間数により段階的に承認者が上位役職者に切り替わる認証ルール(課長~社長)など、さまざまな仕組みも導入してきました。残業削減と有給休暇取得をセットにして推進したことで、残業削減、有給休暇取得の両方を同時に大幅改善することができました。

* 2015年度から「スマートワーク・チャレンジ」に名称変更。また、達成インセンティブは同年度に廃止し、月次手当に移行

月間平均残業時間と年次有給休暇取得日の変化

働き方改革「どこでもWORK」

「どこでもWORK」概念図

当社は「いつでもどこでも働ける」新しい働き方の実践・定着を目指し、「どこでもWORK」を開始しました。自宅やサテライトオフィスでの勤務を推進する「リモートワーク」、リモートワークの阻害要因となる紙を印刷と保管の両面から削減する「ペーパーダイエット」、フレックスアドレス制や多様な働き方スペースの導入などオフィスのあり方を変える「フレキシブルオフィス」の3つの施策を一体として展開しています。

段階的に対象組織を拡大し、課題の洗い出しと対策を行いながら、全社展開を進めています。また、経営層から繰り返しメッセージを発信し、成功事例を横展開して共有しています。今後は仕組みや環境面をさらに改善し、時間や働く場所にかかわらず「成果を重視する」意識を高めていくことを推進していきます。

法務・総務・広報・CSRグループ
総務部 東京総務課長
齋藤 信郎
 

「どこでもWORK」で充実の日々

私が所属する部署では、多くの社員が在宅勤務を実施しており、私も週に1度の在宅勤務をしています。自宅から勤務先へのリモートアクセスVPNでのPCへの接続やIP 電話による音声・ビデオ通話を活用することで、自宅にいながら安全かつ効率的で快適に仕事ができています。余暇や家族との時間、自己研鑽の時間が増えて、充実したメリハリのある日々を送っています。

あらゆる取り組みで、スマートワークを実現

コーポレートシステム本部長
水野 隆

タブレット端末導入推進部署からのコメント

当社拠点以外で常駐勤務をする社員、在宅勤務をする社員、育児・介護休業からの復職を予定する社員、外出先でモバイルワークをする社員など、さまざまなワークスタイルをサポートするために、2014年3月、2,400名の社員へMicrosoft Surfaceを配布しました。今後も活用効果を確認しつつ、配布台数の拡大を検討していきます。

(2014年9月)