リスクマネジメント

リスクマネジメント

リスクマネジメント

当社では、事業活動におけるリスクに関する「リスク管理規程」を定めています。本規程では、リスクを①市場・事業機会・投資リスクなどの戦略リスク、②訴訟・環境・労務リスクなどのオペレーショナルリスク、③在庫・為替リスクなどの財務リスク、④自然災害・情報システム・事故/故障リスクなどのハザードリスクの4つの類型に分類しています。社内外のリスクの把握に努め、リスクに関する提言をするなど企業としての信用の維持と向上を図るとともに、リスクが顕在化した場合にも損失を最小限に留め、事業活動の安定化を図っています。

緊急事態対応・事業継続計画への取り組み

当社では、大規模災害やパンデミックなど、当社グループに重大な影響を及ぼす不測の事態の発生に備え、緊急事態対応の行動基準や組織体制を整備しています。災害対策部会(年3回)を中心に、水・食糧の備蓄、安否確認システムでの訓練・災害対策本部の立上訓練の実施、夜間休日の緊急事態対応の体制整備、災害対策ポータル・eラーニング・防災セミナーによる社員への情報共有・啓発活動など、様々な事前対策を講じているほか、策定した事業継続計画を整備すべく、毎年見直しを行っています。

さらに、リスクマネジメント・コンサルティング会社から災害対策の実効力評価を受け、当社の災害対策の強化を図っています。また、働き方改革の施策の一つである在宅勤務の推進を踏まえ、全社員に家庭防災教材「防災マニュアルブック」を配布するなど、家庭防災の強化に向けた取り組みも進めています。

これらの活動を通して、事業継続計画を実効性の高いものとすべく、グループ全体で取り組んでいます。