不正侵入防御システム

仮想パッチでネットワークとサーバを保護

TippingPoint IPS

機能

システムを常に健全な状態で運用するために
ネットワークの安全性と可用性を向上

セキュリティ強化とネットワーク可用性を同時に実現

Active-Active、Active-Standby、シングル構成のすべてに対応し、ネットワークの構成やシステムの用途に応じた導入形態を選択できます。また、万が一の障害時には即座に通信をバイパスする機能を搭載しているため、TippingPoint IPSの障害がシステム全体に影響することはありません。

セキュリティ強化とネットワーク可用性を同時に実現

レピュテーションに基づくリアルタイムなセキュリティ

グローバルなレピュテーションデータベースからのセキュリティインテリジェンスフィードを提供するTippingPoint Reputation Digital Vaccine(Rep DV)を利用し、最新のセキュリティポリシーをアクティブに適用できます。IPv4、IPv6およびDNSセキュリティを含むネットワーク周辺における問題のある既知のトラフィックを特定して、ブロックします。

ネットワーク内のアプリケーション利用状況を監視、制御

TippingPoint IPS Digital Vaccineを使えば、ネットワーク内のトラフィックを監視し、どのアプリケーションがどの程度の帯域を利用しているかを認識できます。さらに、アプリケーションごとに利用可能な帯域を制御できるため、業務に無関係なアプリケーションの帯域を抑制し、ミッションクリティカルなアプリケーションに必要な帯域を確保することも可能です。

ネットワーク内のアプリケーション利用状況を監視、制御

セキュリティオペレーションセンター

SCSK SOCからの24時間監視と、インシデントに対する迅速な対応が可能。脅威をしりぞけるだけではなく、万一の際の対応まで責任を持ってサポートします。

詳細は こちら をご参照下さい。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

CONTACT

03-5166-1764

基盤インテグレーション事業本部 セキュリティサービス部
受付時間:9:30~18:00(土・日・祝日は除く)

page top