攻撃パターンに基づくSIEM環境診断サービス リスク対応レベル診断サービス

概要

サイバー攻撃パターンに関する各種ガイドラインに基づいて 診断を実施し、SIEM導入環境で検知できる攻撃パターンが把握できます。

SIEMを導入したものの、実際にどの程度サイバー攻撃パターンを検知できているのか、現状のリスクシナリオは最適化されているのか、今後対策すべき攻撃パターンは何かなど、さまざまな運用面の課題でお悩みの皆さまも多いでしょう。

SCSKの「リスク対応レベル診断サービス」は、IPA,JPCERT、総務省などによる各種サイバー攻撃パターン対策ガイドラインをベースとして各攻撃パターンに基づいた診断を実施し、現在ご利用中のSIEMについて、対策効果(検知できる攻撃パターン)をご報告するサービスです。

現状検知できるサイバー攻撃パターンを段階毎に把握すると同時に、検知が不十分な攻撃パターンを洗い出し、今後対策を強化すべき攻撃パターンと、目標とすべきSIEM環境の対策効果を明確化することができます。

【リスク対応レベル診断サービス】は 約1ヵ月で結果がわかるリーズナブルなサービスです

SIEM運用でこんな悩みはありませんか?

どの程度サイバー攻撃パターンを検知できているのか、明確に把握できていない・・・
今後、どのような攻撃パターンへの対策を強化すべきかを知りたい・・・
現状のリスクシナリオが適切かを検証したい・・・
リスク対応レベル診断サービスなら
現在ご利用中のSIEMについて、導入環境の対策効果(検知できる攻撃パターン)を把握できます
今後検知を強化すべき攻撃パターンと目標とすべきSIEM環境の対策効果を明確化できます
対策実施にかかる費用の効果測定が可能です
経験豊富なSCSKの診断担当がヒアリングと診断を実施し導入SIEM環境の検知できる攻撃パターンと今後対応すべき対策効果を明らかにします

SCSKの診断担当者がヒアリングと診断を実施

【リスク対応レベル診断サービス】は 約1ヵ月で結果がわかるリーズナブルなサービスです

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

CONTACT

03-5166-1764

netXデータセンター事業本部 セキュリティサービス部
受付時間:9:30~18:00(土・日・祝日は除く)

page top