プレスリリース
(2020年)

株式会社ハウス・デポ・パートナーズに
住宅ローン管理システム「Mortgage Manager」を提供

PDF (341KB)

2020年7月22日(水)

SCSK株式会社

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、株式会社ハウス・デポ・パートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山野 泰弘、以下 HDP)に対し、住宅ローン管理システムである「Mortgage Manager(モーゲージマネージャー)」の導入を完了し、2020年1月から本格稼働したことをお知らせします。

1. 背景

HDPは、これまで数多くのお客様に全期間固定金利住宅ローンのハウス・デポ【フラット35】を提供しています。

住宅ローン業務では、受付、事前審査、本審査、案件スケジュール管理、書類収集、金銭消費貸借契約など多くの段階が存在し、段階ごとに事務作業が発生します。HDPにおいても事務作業の負荷が重く、ローン審査の回答に時間を要しており、複数のシステムで構成されていることから、システムの二重入力の手間などの業務課題を抱えていました。また、現行システムの保守サポート切れを契機に、業務課題の解決に向けた業務効率化を目的として、住宅ローン基幹システムの更改検討を進めていました。

  • 【フラット35】:民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利住宅ローン

2. 「Mortgage Manager」採用のポイント

以下の点を高く評価いただき、このたびの採用に至りました。

3. 「Mortgage Manager」の特長と機能

「Mortgage Manager」は、SCSKが提供する住宅ローン管理システムです。顧客の情報を一元管理し、受付、融資、債権回収などの住宅ローンに関する業務を一気通貫で管理することが可能です。

【システムイメージ】

Mortgage Manager システムイメージ

4. 今後の展開

SCSKでは17年にわたる住宅ローンシステムの開発と保守実績と業務ノウハウを有し、「Mortgage Manager」や、金融機関様向けの住宅ローン業務に関連するソリューションを強化していくことで、お客様の業務効率化を支援してまいります。

株式会社ハウス・デポ・パートナーズ様のコメント

「Mortgage Manager」の導入により、情報の一元管理が実現し、システム間データ連携により手入力していた業務が削減されたため、課題が改善されました。今回、基本機能をベースにした導入となっているので、更なる業務効率化を推進するため、SCSKにはこれまでのノウハウを活かし、本システムをブラッシュアップする提案を望みます。

株式会社ハウス・デポ・パートナーズについて

HDPは、三井物産株式会社、JKホールディングス株式会社、株式会社ハウス・デポ・ジャパンによる合弁事業として2007年に設立され、「全国津々浦々、家庭の経済的リスク軽減により、より快適な住宅に住める国の実現に貢献すること」という企業理念の下、住宅ローン、各種保証・保険の取り扱い事業を展開しています。

SCSKのサステナビリティ経営

SCSKグループは事業を通じた社会課題解決により、社会と共に持続的な成長を図る「サステナビリティ経営」を推進しています。社会が抱えるさまざまな課題の中で、特に重要と捉え、優先的に取り組む課題を7つのマテリアリティとして策定しており、本サービスは、特に「いきいきと活躍できる社会の実現」に資するサービスです。

  •  従業員の業務効率化、働き方のさらなる向上

本件に関する
お問い合わせ先

製品・サービスに関する
お問い合わせ先

SCSK株式会社
金融システム第二事業本部
総合金融システム営業第一部 片山
TEL:03-6772-6795
E-mail:Hideki.Katayama@scsk.jp

報道関係
お問い合わせ先

SCSK株式会社
広報部 高野
TEL:03-5166-1740

  • 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。