プレスリリース
(2020年)

ERPパッケージ「ProActive E²」の機能強化版を提供開始 ~ニューノーマルに向けたリモートワーク主体の働き方を支援~

PDF (249KB)

2020年7月3日(金)

SCSK株式会社

SCSK株式会社 (本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、自社開発のERPパッケージ「ProActive E²」の機能強化を実施した最新版を、2020年7月1日から提供開始しました。

1. 機能強化の背景

ERPパッケージ「ProActive E²」は、「環境の変化に強く、永く使える。成長する企業のERPパッケージ。」をコンセプトに開発し、会計、販売・購買在庫管理、貿易管理、資産管理、人事・給与・勤怠・人材マネジメント・個人番号管理など、全18の業務システムで構成しています。各業務を効率化し、本来注力すべき業務にリソースを集中することで企業力向上を実現するシステムを目指し、市場ニーズやお客様のご要望を踏まえた機能強化を継続しています。

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の拡大防止対策として、在宅勤務をはじめとするリモートワークが新たな常態(ニューノーマル)となりつつあり、さまざまな業務プロセスの見直しが急務となっています。今回提供開始する「ProActive E²」最新版では、経費や勤怠管理のスマートフォン対応などにより、働く場所を問わないリモートワークへの移行を支援する機能拡張をはじめ、プログラミング知識不要で業務のシステム化とRPAを実現する「CELF(セルフ)」を標準装備し、すでに提供済みのAI-OCRソリューションを組み合わせることで、お客様の労働生産性向上を支援し、ビジネスへの付加価値創出に貢献します。

2. 代表的な機能強化ポイント

【経費システム機能強化】

【勤怠システム機能強化】

【法改正対応】

e-Gov(イーガブ)※へ添付するCSV出力、または申請入力のための補助資料出力機能

ProActiveについて

SCSKのERPパッケージ「ProActive」は、27年間、6,200社、280の企業グループを超える導入実績を誇っています。ニーズに応じてオンプレミス、マネージドサービス、SaaSから柔軟に利用形態を選択することが可能です。保守サポートの終了が無い「超寿命」、グループ導入を支える豊富なノウハウと機能、国産ERPならではの法改正対応と高い業務適合率など、さまざまな特長を有しています。

https://proactive.jp/

CELFについて

SCSKが提供する「CELF」は、現場の業務担当者がExcel感覚でデータベースと連携したWebアプリを「つくる」ことができ、そのWebアプリをすぐに「公開」し、「使う」ことができるWebアプリ作成・運用のクラウドサービスです。

https://www.celf.biz/

SCSKのサステナビリティ経営

SCSKグループは事業を通じた社会課題解決により、社会と共に持続的な成長を図る「サステナビリティ経営」を推進しています。社会が抱えるさまざまな課題の中で、特に重要と捉え、優先的に取り組む課題を7つのマテリアリティとして策定しており、本サービスは、特に「いきいきと活躍できる社会の実現」に資するサービスです。

  •  勤務環境の改善、働き方のさらなる向上

本件に関する
お問い合わせ先

製品・サービスに関する
お問い合わせ先

SCSK株式会社
ProActive事業本部
TEL:
東 京:03-6772-9700
名古屋:052-209-7007
大 阪:06-6223-6230
福 岡:092-472-5800
E-mail:proactive@ml.scsk.jp

報道関係
お問い合わせ先

SCSK株式会社
広報部 牧野
TEL:03-5166-1728

  • 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。