イベント・セミナー
(2021年)

Ricardo Japan User Conference 2021 (Ricardo JUC 2021)

2021.09.22(水)

平素より格別のご高配を賜り御礼申し上げます。
このたび、Ricardo Softwareの国内ユーザー会「Ricardo Japan User Conference 2021 (Ricardo JUC 2021)」を開催する運びとなりました。

グローバルでのカーボンニュートラル社会の実現へ向けた流れの急激な加速を受け、自動車・輸送機器開発におけるデジタル技術の活用と業務プロセス改革の重要性が益々高まっております。Ricardo Softwareは、実際の研究開発現場やコンサルティングで培った技術を基に、カーボンニュートラル社会を目指す電動化・内燃機関開発プロセスを革新するCAEソリューションをグローバルで提供しております。

本カンファレンスでは、Ricardo Softwareのユーザー様の最新事例を中心に、環境性能・効率化といったパワートレイン研究開発における課題解決や、電動化・ハイブリッド開発等のマーケットトレンドに対する研究開発プロセス革新に関して、Ricardo Softwareソリューションの最新情報をご紹介いたします。

Ricardo Softwareユーザー様は勿論のこと、製品導入をご検討中のお客様にもご活用頂ける内容です。昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症の拡大の情勢をふまえ、ウェビナー形式にて開催致します。是非この機会にご参加頂き、今後の業務にお役立て下さい。

皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げます。

開催案内

主催
SCSK株式会社
共催
Ricardo Software
日時
2021年9月22日(水) 13:30~16:30  (ログイン開始13:00~)
会場
オンラインセミナー お申し込み後、受講用URLをご案内致します。
定員
300名
対象
製造業界・輸送機器業界のパワートレイン及びコンポーネントの研究開発・設計・解析業務に携わっている方
参加費
無料
13:30~13:40

Ricardo社のご挨拶・最新動向

Ricardo Software
本セッションでは、Ricardo Softwareより、カーボンニュートラル社会の実現に向けたRicardo社の取り組みと最新動向を紹介する.
13:40~14:00

[新製品] 内燃機関熱予測ソリューション「FEARCE VULCAN」のご紹介

SCSK株式会社
Ricardo Softwareは、2021年7月新製品となる内燃機関熱予測ソリューション「FEARCE VULCAN」を発売した.
「FEARCE VULCAN」は、カーボンニュートラル社会へ向けたクリーンな内燃機関開発を実現する革新的な熱予測ソリューションである.
本セッションでは、高速高精度な内燃機関の熱予測を実現する「FEARCE VULCAN」の概要と、革新的な機能を紹介する.
14:00~14:20

【機械系】フリクション予測ツールによる低摩擦設計の検討

Ricardo Software(SCSK株式会社代理発表)
近年、環境問題に対する課題として、多くの企業が燃料消費量の改善とCO2排出量の削減を目指しており、その方法の1つが、摩擦を減らすことである.
低摩擦設計の検討を行う際、NVHや耐久性などとのトレードオフを調査する必要がある.
本セッションでは、Ricardoのフリクション予測ツールセットを使用した摩擦損失の予測と低摩擦設計の検討に対する取り組みを紹介する.
14:20~14:50

【機械系】国内ユーザー様事例(1)
RINGPAKを活用したオイル消費予測技術(第3報)

TPR株式会社 技術開発部 機能開発グループ 谷本 正剛 様
今後一層強化される排気ガス規制,エンジンの使われ方の多様化に対して,環境負荷物質の一因となるオイル消費を低減させたい.
そのため,効率よく精度の高いオイル消費予測は重要となる.
予測技術の精度向上のために取り組んだRINGPAKにおけるリング側面のオイル流れに関する機能向上と検証試験,および予測事例を紹介する.
14:50~15:00

休憩

15:00~15:15

【MBD】国内ユーザー様事例(2)
WAVE・IGNITE連成排ガスシミュレーションを題材とした、pSevenサロゲートモデルを用いた検証作業の効率向上

株式会社MCOR MBD技術部 太田 寿一 様
自動車開発におけるソフトウェア検証では、技術の多様化によりソフトウェアだけでなく検証用プラントモデルも複雑化しており、リアルタイム性の確保が困難になりつつある.
そこで今回、プラントモデルの高速化手法の一つとして、WAVE・IGNITE連成シミュレーション結果をもとにpSevenで作成したサロゲートモデルを用いることで、プラントモデルの性能向上に期待できる結果が得られたので紹介する.
15:15~15:35

【流体系】バッテリー熱マネジメント予測ソリューション

Ricardo Software(SCSK株式会社代理発表)
リチウムイオンバッテリーは、室温付近の狭い運転範囲で動作させた場合にのみ、高い性能と長寿命を同時に達成できることが知られており、バッテリーの熱マネジメントは、バッテリーの高性能化や長寿命化を行うために重要である.
このセッションでは、Ricardo Softwareが開発した車輛解析ソフトIGNITEと3次元流体解析ソフトVECTISを用い、運転シナリオにおいてバッテリーの熱が、どのように車輛性能へ影響を及ぼすか予測した事例を紹介する.
15:35~16:05

【流体系】国内ユーザー様事例(3)
パワートレイン開発へのリアルタイム1Dエンジンモデルの活用

本田技研工業株式会社 ものづくりセンター パワーユニット開発統括部
緒方 健一郎 様
古谷 隆 様
萩原 優幸 様
車両一台分を対象とするMBDにおいて,計算リソース低減と予測精度向上の両立には背反が存在する.
本発表では,WAVE-RTによる高速演算とWAVE-RT Optimizerを用いた予測精度向上を活用したリアルタイム1Dエンジンモデルの流通とその活用事例についてを紹介する.
16:05~16:25

Ricardo Software 2021.2 新機能紹介

SCSK株式会社
本セッションでは、2021年7月にリリースされたRicardo Softwareの新バージョン2021.2の新機能を紹介する.
  • 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。
※ 同業他社様からのお申込みはお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

SCSK株式会社
製造エンジニアリング事業本部
事業企画推進部
Ricardoセミナー担当
TEL:03-5859-3012
E-mail:rs-sales@ml.scsk.jp