イベント・セミナー
(2020年)

「第12回[国際]カーエレクトロニクス技術展」出展

2020.01.15(水) - 2020.01.17(金) アフターレポート

オートモーティブ ワールド 第12回[国際]カーエレクトロニクス技術展 ~カーエレ JAPAN~

SCSKは、2020年1月15日(水)~1月17日(金)に東京ビッグサイトで開催された「第12回[国際]カーエレクトロニクス技術展」に出展しました。

会場の様子

「オートモーティブ ワールド [国際]カーエレクトロニクス技術展」は、カーエレクトロニクスの進化を支える半導体・電子部材、ソフトウェア、テスティング技術などが一堂に出展する本分野世界最大の専門展です。会場では各社より、カーエレクトロニクス分野で求められている最先端テクノロジーにフォーカスした、多種多様な展示やワークショップが行われました。

SCSKブースでは、「モビリティ社会の未来を共に創る」をテーマに、次世代モビリティシステム開発を支えるソフトウェア技術へのさまざまな取り組みをご紹介しました。

QINeS

開催期間中は、たくさんの皆様にご来場いただき誠にありがとうございました。

展示会概要

主催
リード エグジビション ジャパン株式会社
日時
2020年1月15日(水)~17日(金) 10:00~18:00 ※17日(金)は17:00まで 
会場
東京ビッグサイト 青海展示棟
東京都江東区青海1-2-33

展示内容

自動車に搭載される機能は、環境と安全への対応で年々高度化し、それを実現するための車載システム(ECUソフトウェア)の開発規模は大幅に増加しています。さらに、機能安全やセキュリティに関わる新たな基準への対応が求められるなど、車載システムを安全かつ効率的に開発することは自動車メーカーおよびサプライヤーにとって至上命題となっています。
こうした状況のなか、SCSKは、AUTOSAR準拠かつ高速軽量を実現したBSW(Basic Software:ECUのOS、ドライバ、ミドルウェアにあたる部分)と、AUTOSAR適用をワンストップでサポートする独自のサービスを提供しています。

展示ブースでは、「モビリティ社会の未来を共に創る」をテーマに、車載システムの高度化に対応するモデルを活用した取り組みや、AUTOSAR Adaptive Platformを用いた統合制御とクラウド連携の取り組みなど、想定する次世代アーキテクチャの全レイヤ(センサー/アクチュエータ制御、統合処理、クラウド連携、AUTOSARソリューション)での活動とソリューションをご紹介しました。

展示内容1
展示内容2
展示内容3
展示内容4

これからもSCSKは、世界中でニッポンの「ものづくり」が高く評価され続けるために、お客様と共に、高品質なソフトウェアとサービスを創りあげてまいります。


QINeS (クインズ)

「高品質革新」 (High-Quality Innovation in the ECU-based Software)

QINeSは、「高品質」「高効率」な車載ソフトウェア開発を支える、AUTOSAR準拠のBSWを中心とした一連のソリューションです。BSW、開発・管理プロセス構築、教育、およびエンジニアリングサービスをワンストップで提供します。ソフトウェアの再利用と自動化によって、車載ECU開発において品質と生産性の向上を実現します。

<オートモーティブワールド展示資料>

お問い合わせ先

SCSK株式会社
モビリティシステム事業部門
事業推進グループ
E-mail:qines-info@scsk.jp