イベント・セミナー
(2018年)
2018.09.21(金)

「今、求められる生産管理のあり方と改革に向けた要諦」
~デジタルと品質管理をどう融合していくのか~

昨今、品質に関わる大手企業の不祥事が多発しており、かつて「Japan as No.1」と言われた、日本製品の品質の高さが失われつつあるのではないかという懸念が高まっています。

本セミナーでは、株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)がこれまで培った品質管理業務の改善手法と事例の他、生産管理テンプレート「atWill Template」の機能と事例をご紹介いたします。また、品質を担保する設備において、株式会社村田製作所の稼動状況見える化と、工場向けのセキュリティソリューションについてご紹介いたします。

セミナー概要

主催 SCSK株式会社
協力 株式会社日本能率協会コンサルティング
日時 2018年9月21日(金) 14:00~17:00 (受付開始 13:30~)
会場 SCSK株式会社 豊洲本社 豊洲フロント14階 14D会議室 アクセス
〒135-8110 東京都江東区豊洲3-2-20
定員 50名
対象 製造業の経営企画、品質管理、生産管理、情報システム業務に従事される方
参加費 無料(事前登録制)

セミナー概要

  • 14:00~14:05

    主催挨拶

    SCSK株式会社
  • 14:05~15:10

    「今、求められる生産管理のあり方と改革に向けた要諦」

    株式会社日本能率協会コンサルティング
    生産管理の改革において、関連する部門が多いなか、有益な情報をどう収集し、活用するか、一層の高度化が求められています。その考え方と改革アプローチを事例を交え、ご説明します。また近年のデジタル化をふまえ、品質管理をどのように強化・融合していくのか、今後のあり方も紹介します。
  • 15:10~15:50

    生産管理テンプレート「atWillTemplate」品質管理機能のご紹介

    SCSK株式会社
    高速開発ツールを標準搭載し、業務にシステムを合わせる生産管理テンプレート「atWill Template」に品質管理機能を追加しました。atWill Templateの全体概要と品質管理機能、事例を紹介します。
  • 15:50~16:00

    (休憩)

  • 16:00~16:30

    村田製作所様のものづくりノウハウが詰まった生産性向上ソリューション「m-FLIP」事例紹介

    SCSK株式会社
    労動人口の減少に伴い生産現場での生産性向上は重要課題となっております。村田製作所様が社内で10年以上利用実績があるソフトウェアをベースにした、工場内の設備稼動データ収集から設備の非稼動要因を見える化するソリューションになります。
    他には無い本ソリューションの特徴を事例とともにご紹介します。
  • 16:30~17:00

    工場系システム向けセキュリティ対策ソリューションのご紹介

    SCSK株式会社
    IoTの普及に伴いオフライン環境で利用されていた制御系システムがインターネットに接続する時代となり、サイバー攻撃に狙われる事例も増加しています。本セッションでは、想定されるサイバー攻撃から、どのように工場系システムを守るのか、実践いただきたいセキュリティ対策をご紹介します。
  • 17:00~17:30

    質疑応答

※ 予告なくイベント・セミナーのタイトル、内容などが変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品・サービス名、会社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 同業他社の方はお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

SCSK株式会社
製造・通信システム事業部門 製造システム事業本部 営業第一部
セミナー担当
TEL:03-5166-2233