開示に関する考え方

開示に関する考え方

当社グループは、コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方として、企業としての社会的責任(CSR)を念頭に、株主をはじめとする様々なステークホルダーを視野に入れた経営を実践してまいります。また、かかる観点から、経営の効率性の向上と経営の健全性の維持、及びこれらを達成するための経営の透明性の確保が、当社グループのコーポレート・ガバナンスの基本であり、経営の最重要課題の一つであると認識しております。

当社は、重要事実に係る情報の管理等について、適正な運用に努め、当社グループに係る情報の適時、公平かつ公正な開示に取り組んでいます。