イベント・セミナー(2016年)

2016.10.27(木) 開催終了
IPS Cable Simulation ユーザーカンファレンス2016 in JAPAN

この度、IPS Cable Simulationの国内ユーザー様を対象としたユーザーセミナーを開催する運びとなりました。

本セミナーでは、国内の先進企業様の事例発表をはじめ、開発元であるfleXstructures社からも開発責任者が来日し、最新開発ロードマップをご紹介します。
また、開催翌月にリリースを予定している最新バージョンV3.2のデモンストレーションも実施します。

導入ユーザー様はもちろん、導入ご検討中の企業様にとっても、ご満足頂ける内容となっております。
ご多忙の折誠に恐縮ではございますが、是非ご来場賜りたくご案内申し上げます。

開催要領

主催 SCSK株式会社
日時 2016年10月27日(木) 13:15~16:50 (12:45~ 受付開始)    17:00~ 懇親会
会場 大手町ファーストスクエア カンファレンス
〒100-0004 東京都千代田区大手町 1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2F
定員 80名
対象 IPS Cable Simulationユーザー様、
IPS Cable Simulationにご興味・ご検討頂いているお客様
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

  • 13:15~16:50

    • 国内ユーザー様事例発表
      • 株式会社本田技術研究所 
        2輪R&Dセンター 第1開発室第4ブロック 開発技術グループ 田中 権太様

        「二輪車におけるIPSを用いたケーブル設計検討」
        当社では開発期間の短縮を目的に、車両試作前での机上での設計検討に取り組んでおり、ケーブル設計も例外ではない。二輪車におけるケーブル設計は、転舵やサスペンションストローク等の 車体挙動を考慮することが重要であり、2年前にIPSを導入し開発適用を推進してきた。
        本発表ではケーブルの設計検討におけるIPS活用事例とその効果について紹介する。
      • 日立建機株式会社 実験解析評価センタ 関根 明弘様

        「建設機械開発における仮想現実(MREAL)とIPSを活用したデザインレビュー」
        当社では2012年よりMREALを導入し建設機械の開発時のデザインレビューに活用しており“仮想現実”が設計・開発の現場では必須のツールとなっています。
        そこで課題となっているのが軟体物である油圧ホースなどの検討です。
        稼働部位などの油圧ホースの挙動を把握し設計・対策をレビュー時にスピーディに検討することは難しくその対応としてIPSを導入した。
        今回の報告ではリアルタイムに油圧ホースの挙動を検討すべくIPSを導入し、MREALとの連携を試みた事例を紹介する。
    • fleXstructures社プレゼンテーション(開発ロードマップ、欧州ユーザー適用事例)
    • 最新バージョンV3.2デモンストレーション
      IPS Cable Simulationは、年2回(5月/11月)バージョンアップが行われます。
      本セミナーでは開催翌月にリリース予定のV3.2をご紹介する予定です。
    • IPS on VR(バーチャルリアリティ)プレゼンテーション & 展示
      2016年は「VR元年」と称されていますが、その代表格となるHTC Vive、
      立体表示ソフトウェアのスタンダードとなったTechVizソリューションとの
      連携による新しいコンセプトのVR環境をご紹介いたします。
      (協力:日本バイナリー株式会社様)
  • 17:00~18:30

    • 懇親会(無料)
      ※ 懇親会へのご参加には、申込フォームでの登録が必要です。

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 本セミナーの対象とならない方、同業他社の方は御断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

お問合せ先

SCSK株式会社
製造エンジニアリング事業本部 解析ソリューション部 
IPSUC2016事務局
TEL:03-5859-3012
E-MAIL:ips-info@ml.scsk.jp