イベント・セミナー(2016年)

2016.06.28(火) 開催終了
IPS Cable Simulation セミナー After IPSUC2016 in Sweden

ケーブル・ハーネスシミュレーションソフトウェア「IPS Cable Simulation」が、待望の最新バージョンV3.1をリリースいたします。

本セミナーでは、最新バージョンで搭載される強力な機能群のご紹介・デモンストレーションと合わせて、2016年6月15日-16日に
スウェーデン ヨーテボリで開催される「IPS User Conference 2016」で発表される最新情報をいち早く国内のお客様にお届けいたします。

本セミナーでのみオープンにできる情報も多数ございますので、ご多忙中とは存じますが万障お繰り合わせの上お申込みいただきますよう、お願い申し上げます。

開催要領

主催 SCSK株式会社
日時 2016年6月28日(火) 13:15~16:45 (12:45~ 受付開始)
会場 SCSK株式会社 豊洲本社(豊洲フォレシア) 12F セミナールーム
〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-24(豊洲フォレシア)
定員 40名
対象 ワイヤーハーネス・ホース・ケーブル設計者、及びシステム管理者
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

  • 13:15~13:20

    ご挨拶

  • 13:20~14:15

    対話式CAEのご提案およびデモンストレーション

  • 14:15~14:45

    IPS Cable Simulation User Conference 2016 in Sweden参加レポート

    IPSUC2016講演企業:ボルボ、ヒュンダイモーター、フォード、デルファイ、
    エアバス・ディフェンスアンドスペース、サーブ、他(順不同)

    ※当セミナーでは弊社による各社事例のレポートを予定しています。

  • 14:45~15:00

    休憩

  • 15:00~16:00

    IPS Cable Simulation V3.1デモンストレーション

    • 物性パラメータ算出機能
      電線単体の物性値・それらを束ねたバンドルの物性値、それぞれの物性値の
      算出機能が実装されます。
      従来、測定が難しかった細径ケーブルの物性パラメータ算出や、膨大な構成
      パターンに対する物性パラメータも実際の測定を行わずに準備することが
      可能です。
    • 新材料モデル(二段階物性)
      ボーデンケーブル(Bowden cable)のように、曲げ具合によって途中で剛性が
      変化するケーブルに対する二段階物性の設定モデルが実装されます。
    • インテリジェント・オートルーティング
      設計上の必要条件となる曲げ半径、干渉、クリアランス等のさまざまな
      境界条件を満たすケーブル経路を自動作成します。
    • ケーブル最適化
      定義されたケーブルに対して、稼働モーション、曲げ半径、周辺部品への
      クリアランスを考慮した最適なケーブル長を自動で再定義します。
    • ケーブルを考慮したパス・プランニング
      簡単な操作、且つ高速に脱着パスを自動作成します。
      ケーブルシミュレーションと連動して、ケーブルに押し当てながら
      (ケーブルを退けながら)部品を取り外す検証が可能です。
  • 16:00~16:30

    SCSK最新ソリューションのご紹介:製造原価シミュレーションシステム
    「aPriori」

  • 16:30~16:45

    質疑応答

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 本セミナーの対象とならない方、同業他社の方は御断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

お問合せ先

SCSK株式会社
製造エンジニアリング事業本部 解析ソリューション部 
IPSセミナー事務局
TEL:03-5859-3012
E-MAIL:ips-info@ml.scsk.jp