不正侵入防御システム

仮想パッチでネットワークとサーバを保護

TippingPoint IPS

SCSKでは、お客様のご要望に沿った
サーバ向けセキュリティ対策ソリューションの提供が可能です。

お客様のご要望 オンプレでシステムを構成し、保護対象サーバを特定のセグメントに集約できる場合 仮想基盤/クラウドでシステムを構成し、保護対象サーバを特定のセグメントに集約できる場合 サーバごとにセキュリティ対策製品を導入し、管理サーバを自社で構築・運用する場合 サーバごとにセキュリティ対策製品を導入し、メーカーの管理サーバ(クラウド)を利用する場合
構成例 オンプレでシステムを構成し、保護対象サーバを特定のセグメントに集約できる場合 仮想基盤/クラウドでシステムを構成し、保護対象サーバを特定のセグメントに集約できる場合 サーバごとにセキュリティ対策製品を導入し、管理サーバを自社で構築・運用する場合 サーバごとにセキュリティ対策製品を導入し、メーカーの管理サーバ(クラウド)を利用する場合
お客様の保護対象サーバの環境 オンプレミス/仮想基盤 仮想基盤/クラウド オンプレミス/仮想基盤/クラウド
IPSの提供形態 オンプレミスのハード
ウェアアプライアンス
仮想アプライアンス サーバにインストールする
統合セキュリティ対策ソフトウェア
当社からのご提案ソリュー
ション
TippingPoint
Cloud One
Network Security
Deep Security
Cloud One
Workload Security

概要

TippingPoint IPSはネットワークやサーバー、アプリケーションが持つ脆弱性を仮想的なセキュリティパッチでカバーし、不正な侵入からシステムを保護する不正侵入防御システムです。企業が持つ情報資産を攻撃者から保護し、パッチマネジメントなどシステムを健全に保つための運用負荷を軽減します。

仮想的なパッチを適用し、脆弱性の悪用からサーバーやPC、
ネットワークを保護

止めることが許されないミッションクリティカルなサーバーや、膨大な数のクライアントPCのすべてを常に最新の状態に保つのは容易ではありません。ネットワークの入り口に設置されたTippingPoint IPSに、脆弱性を保護する仮想的なパッチを施すことで、脆弱性を悪用しようとする攻撃からシステム全体を保護します。

TippingPoint概要

脆弱性発見のエキスパートDVLabsとSCSKのノウハウでシステムを防御

マイクロソフト製品の脆弱性を他社に先駆けて多数発見してきた実績を持つDVLabsは、TippingPointにいち早くセキュリティパッチをリリースしています。これまでにもOSやアプリケーションのパッチリリースより平均して28日も前に仮想パッチをリリースしてきました。こうしたセキュリティパッチに加え、SCSK SOCに集まるセキュリティ情報や日本国内の最新セキュリティ事情をベースにしたSCSKのノウハウをプラス。脆弱性が狙われるより前にシステムの保護を実現する事前防御で、ゼロデイ攻撃からもシステムを保護します。

脆弱性発見のエキスパートがゼロデイ攻撃も防ぐ事前防御を実現

Common Criteria評価基準でEAL 3+に認定

TippingPoing IPSのセキュリティ強度は第三者機関にも認められており、情報セキュリティの評価基準でありISOの標準規格としても用いられるCommon Criteriaにおいて、EAL 3+の認定を受けています。

Common Criteria
関連サービス
Deep Security

サーバを多層防御するソフトウェアです。物理・仮想・クラウドなど、多様なサーバ環境に対応しており、
幅広いセキュリティ機能でサーバを保護します。

詳しくはこちら >

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

CONTACT

0800-500-4000

セキュリティサービス部
受付時間:月~金 9:00-18:00(祝日、年末年始、当社指定日除く)

page top