サイバー攻撃への対策は、単発的にセキュリティ機器を導入するという対応では終わりません。変化し続ける攻撃に対して、マルウエアに感染していないことを常に監視する、最新のシグネチャーに更新し続けるといった、継続した、恒久的な対応が求められています。

SCSKでは、最新のサイバー攻撃に対してどう対策を取るべきかという「リスクマネジメントコンサルティング」から、「WAF導入支援」、最新の標的型攻撃対策ソリューションである「Lastline」、それらを24時間365日監視する「SCSK SOC」等、現状分析から導入、監視・運用まで、「サイバー攻撃」に特化した対策ソリューションを提供します。

概要

  • セキュリティ対策、運用の課題

  • セキュリティ対策にIT 部門のリソースを裂けない…
  • 継続的なセキュリティレベルの維持が困難…
  • システム全体のセキュリティ対策状況を把握できない…
  • WAF やIDS/IPSなどの構築運用方法がわからない…
  • 標的型攻撃への対策手法がわからない…
  • サイバー攻撃対策なら

  • Webアプリケーションとプラットフォームのセキュリティ対策として、未知のマルウェアや標的型攻撃、ゼロディ脆弱性攻撃、既知の脆弱性を突いた攻撃への対策をワンストップでご提供します。
対策ソリューション、セキュリティ監視、インシデントレスポンスで
Webアプリケーションとプラットフォーム全体を防御します
安心・安全なシステムをユーザーに提供するにはアプリケーションの開発知識、セキュリティ機器の構築・運用知識、脆弱性に対する専門知識が必要です。セキュリティを高いレベルに維持するためにはさらに、監視やインシデントレスポンスのための体制もなくてはなりません。

SCSKは、豊富な経験に裏付けられた確かなスキルとノウハウを基に、システムの現状分析、設計におけるセキュリティポリシー策定、導入におけるセキュリティ機器のポリシー最適化、 運用におけるセキュリティ監視をワンストップでご提供します。
WAF、IDS/IPS、FWで監視し、Webアプリケーションとプラットフォーム全体を防御します
サービス概要

お客様とセキュリティ方針を協議し、要件確定後に最適な設定で機器を導入します。またサービス開始後も日々進化する脅威に対応し、常に高いセキュリティを維持し続けます。

サイバー攻撃対策 サービス概要
ビジネスリスクを見極め、限られたリソースを本当に必要なポイントに集中し、セキュリティ投資の無駄をなくすためのコンサルティングサービスです。 従来型のセキュリティ対策では防御できない高度な攻撃を検知する、標的型攻撃対策サービスです。
Webアプリケーションの現状把握からWAF導入後のサポートまでをご支援します。 3つのエリアに展開するセキュリティ監視センターで、24時間365日体制でセキュリティ監視。インシデント発生時には原因追求、解決の支援も行ないます。
  • ソフトバンクモバイル様

    サービス提供中でも利用可能な非破壊診断ツールRetinaを採用して、大規模システム維持のための脆弱性診断体制を構築。