サイバー攻撃対策のレベルチェックと対策立案

脆弱性診断

概要

豊富な診断経験を持つセキュリティエンジニアが
診断後の対策方法を丁寧にご説明する脆弱性診断サービス

脆弱性診断の本当のゴールは脆弱性の存在を知り適切な対応を行うことです。SCSKの脆弱性診断サービスでは、Webアプリケーション、プラットフォームやネットワークに潜む脆弱性を発見し、必要な対策方法を具体的にご説明します。また、対策後の再診断を追加費用無しで対応します。(リモートからの診断が可能な環境のみ)

脆弱性診断結果「サンプルレポート」差し上げます!

脆弱性診断、こんなお悩みありませんか?

自社システムのセキュリティレベルを把握したい…
監査対応のために、第三者からのセキュリティチェックが必要…
ソースコードのセキュリティ品質をチェックしたい…
脆弱性診断サービスは
豊富な経験を持つSCSKのセキュリティエンジニアが診断結果ご報告の際に具体的な修正方法まで含めた適切な対策方法をご説明します。
お客様が対策を実施した後に、同じ脆弱性が残っていないかを確認する再診断を追加費用無しで対応します。(リモートからの診断が可能な環境のみ)
診断結果に基づき、費用対効果を考慮し、
実装が可能で効果が見込める対策案についてもアドバイスします

システムをセキュアに運用するためには、定期的な脆弱性診断が欠かせません。高精度なセキュリティツールとWebアプリケーション開発やネットワーク構築の知識を有するエンジニアによるマニュアル診断を組み合わせた複合的な診断を行います。

診断結果に基づき、対策機器導入の効果測定やアプリケーションの修正方法、WAFやIPSの実装など、具体的な対策案についてもご提示します。

サイト構築のためのセキュリティPDCA

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

CONTACT

0800-500-4000

基盤サービス事業本部 セキュリティサービス部
受付時間:月~金 9:00-18:00(祝日、年末年始、当社指定日除く)

page top