HP WebInspect(以下、WebInspect)は、業界最多クラスの脆弱性情報を保有するWebアプリケーション脆弱性診断ツールです。自動診断とマニュアル診断のシームレスな切り替えができ、豊富な補助ツール群と併せて手動による詳細な脆弱性診断もサポートします。

概要

業界最多クラスの脆弱性情報をデータベースに保有

WebInspectは、強力な検索エンジンと業界最多クラスの脆弱性情報データベースにより、高速かつ精度の高い脆弱性診断を自動で行います。Ajaxにも対応しており、Webサービスの診断も可能です。PC向けWebサイトだけでなく、フィーチャー・フォンやスマートフォン向けWebサイトの診断にも対応しています。

Webアプリケーションが持つセキュリティリスクを軽減

ファイアウォールやアクセス権限管理など、各段階でセキュリティ対策を施してあってもWebアプリケーションの脆弱性をついてSQLインジェクション等の攻撃を受けることがあります。ファイアウォール等のセキュリティ製品や、OSのパッチマネージメントだけでは、正常なWebトランザクションに紛れた攻撃からお客様の情報資産を守ることはできません。

Web脆弱性によるリスクの大きさやコンプライアンス対応の観点から、Webアプリケーションの脆弱性対策はもはや必須と言えるでしょう。また、脆弱性はWebアプリケーションの品質上の欠陥であるという考えも広まっており、開発から運用段階にいたるまで継続的にアプリケーション側の問題を発見、解決することでアプリケーションの品質を保つことが求められはじめています。高速で高精度なWebアプリケーション診断が可能なWebInspectのご利用により、低い作業負担とWebアプリケーションのセキュリティリスク軽減が可能です。

HP WebInspectを使えば、最新のAjaxから携帯電話サイトまで、Webサーバーやアプリケーションサーバー、DBサーバーの脆弱性診断をを低い作業負担で実行できます。
  • ソフトバンクモバイル様

    サービス提供中でも利用可能な非破壊診断ツールRetinaを採用して、大規模システム維持のための脆弱性診断体制を構築。