クラウドセキュリティ

ゼロトラスト時代の包括的なリスクコントロール

Netskope

特長

可視化

サンクションIT(許可されたIT利用)とシャドーIT(許可されていないIT利用)の両方を包括的に可視化します。

可視化

クラウド利用状況の把握

ユーザ、デバイス、アプリ、アカウント等に対して様々な要素を条件に可視化や制御が可能。

リスク評価(CCIスコア)

世界中のクラウドサービスの評価を提供。クラウドサービスの安全性評価を確認・可視化することでリスクを回避。

Webサイトへのアクセス状況の把握

サイトアクセス傾向を把握することでフィルタリングポリシーの改善サイクルを継続することが可能。セキュリティレベルの維持・向上を実現。

制御

柔軟かつ細かなポリシー設定が可能です。

制御

シャドーITの防止

会社で許可されていないサービスに対してブロック・アラート通知を行うことで会社で把握していないIT利用を防止。

情報漏えい対策(DLP)

クラウドサービスへの機密情報の持ち出しをブロックすることで外部への情報漏えいを防止。

URLフィルタリング

業務と関係ないサイトへのアクセスを制限。

リモートアクセス

VPN装置不要。Netskopeクラウド経由でユーザ・グループ単位で権限を付与し、安全なリモートアクセスを実現。

保護・防御

脅威から大切な情報資産を保護・防御をします。

保護・防御

脅威防御

標準でIPS機能・アンチウイルス機能を搭載。オプションもしくは上位ライセンス利用でサンドボックスによる振る舞い検知、機械学習による高度な脅威防御を提供。

安全なサイト閲覧

URLフィルタリング機能のみならず、サイトアクセスのカテゴリを「分離」に設定することで、Netskope上の仮想ブラウザが代理でサイトにアクセスし、画面情報をユーザに転送。

可用性

Netskope社PoP(ポイントオブプレゼンス)による高速かつ安定的な通信環境を提供します。

可用性

出典:「Data Sheet: Netskope New Edge」から転記

高速で安定的な通信環境

最寄りのアクセスポイント(日本では東京と大阪)に自動接続。
障害時には自動的に他のアクセスポイントに接続し、継続通信を実現。

SCSKのサービス

SCSKでは、これまで現場で実際に設計・導入・運用してきたノウハウを活かし、
お客様のニーズに応じたサービスを提供します。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

CONTACT

0800-500-4000

セキュリティサービス部
受付時間:月~金 9:00-18:00(祝日、年末年始、当社指定日除く)

page top