クラウドセキュリティ

ゼロトラスト時代の包括的なリスクコントロール

Netskope

機能

CASB(Cloud Access Security Broker) クラウドの可視化・制御

あらゆるクラウドサービスの詳細な可視化や制御が可能です。

メリット

安全なクラウドの利用、情報漏えいの防止

  • クラウドサービスへの会社の機密文書のアップロードを禁止。
  • 個人契約のクラウドサービスの操作を禁止
  • 管理端末の詳細な可視化・制御が可能。


安全なクラウドの利用、情報漏えいの防止

クラウド利用状況の可視化項目

Netskopeの利用できめ細かな利用状況を可視化・設定できます。

クラウド利用状況の可視化項目

※ 記載はエージェント利用時の内容です。

クラウドサービスの評価(CCIスコア)

53,000以上のクラウドサービスの評価を一覧化しています。利用クラウドの安全性をいつでも確認することが出来ます。

クラウドサービスの評価(CCIスコア)

DLP( Data Loss Prevention )機能

企業の機密情報を定義し、クラウドとクライアント間のファイルの監視を行い、
持ち出しやコピーをブロックすることで外部への情報漏えいを防ぐことが出来ます。

メリット

機密情報のアップロード制御

クラウドサービスにアップロードするファイルに個人情報・機密情報などが含まれている場合、アップロードをブロックすることができます。


機密情報のアップロード制御

SWG(セキュアWebゲートウェイ) クラウドプロキシ、脅威対策

クラウドプロキシ機能

社外からのWebサイト利用に対してもガバナンスを保つことが可能です。

課題
社内Proxyの場合
社外からのアクセス管理・制御が不可能となり、情報持ち出しマルウェア感染リスクが高い
社内Proxyの場合
メリット
Netskopeを利用
社外含め全ての通信をNetskopeクラウド経由となり統合管理が可能。情報持ち出し、マルウェア感染リスク低減
Netskopeを利用

URLフィルタリング機能

URLフィルタリング機能は120以上のカテゴリから、ユーザに対して閲覧を許可、ブロック、コーチングでき、
業務に関係のない不適切なサイトへのアクセスをコントロールします。

メリット
柔軟なカスタムにより、安全・最適なブラウジングを実現
  • カスタムカテゴリ、リストを自由に定義が可能。
  • AIを使用して16言語、70以上のカテゴリの新規および未知のWebコンテンツの安全性を評価。
  • ボットネット、フィッシング詐欺などの詳細なセキュリティカテゴリにより、既知の脅威を防御。
  • バナー、広告、ポップアップ等の広告サーバへのWebページへの接続をブロック。


柔軟なカスタムにより、安全・最適なブラウジングを実現

マルウェアスキャン+IPS機能

マルウェアスキャン機能
コンピュータウイルスに感染していないかチェック。
IPS機能
12000シグネチャ(様々な攻撃を識別するためのルール)によって不正侵入を防御。
メリット
URLフィルタに加え
脅威防御機能が利用可能
  • 攻撃者側サイトから悪意のある
    ファイルをダウンロードさせない。
  • ユーザ側で意図しない感染した
    ファイルを自社もしくは取引先利用のクラウドアップロードさせない。

マルウェアスキャン+IPS機能
Netskope独自保有のシグネチャDB+外部DBを用いて、シグネチャマッチングを実施し不正侵入を防御。
マルウェアに感染している場合はダウンロード/アップロードを強制的に停止。

ZTNA(Zero Trust Network Access) 社内システムへのアクセス制御

VPN環境では、アクセスポイントが攻撃者から狙われやすくなっています。
Netskopeでは、社外からでも安全に社内環境へアクセスできます。

VPNリモートアクセス

VPNアクセスポイントはサイバー攻撃を受けやすい。
VPNリモートアクセス
メリット

NPA(Netskope Private Access)

社内システムへのアクセスポイントへの攻撃を回避でき、サイバー攻撃リスクを低減できる。
NPA(Netskope Private Access)

CSPM/SSPM(Cloud/SaaS Security Posture Management) SaaS、IaaS設定不備の可視化

特定のSaaS、IaaSに対して、セキュリティ基準に準拠するための設定不備を確認します。
また、ポリシーに反した操作が行われた場合、リアルタイムにアラート/ブロックなどの対応が可能です。

CSPM/SSPM(Cloud/SaaS Security Posture Management)SaaS、IaaS設定不備の可視化

メリット
  • 利用するだけで各セキュリティ基準への準拠が可能。
  • グローバル、グループ全体のガバナンス統制の強化に寄与。

RBI(Remote Browser Isolation) ブラウザ分離、Webサイトの無害化

Netskope上の仮想サーバが代理アクセスすることにより、Webサイトにウイルスが潜んでいた場合でも、
クライアント端末にウイルスは感染しないため、安全なブラウザ閲覧が可能です。

メリット

安全なブラウザ閲覧が可能

  • 「ブラウザ分離」に指定されているカテゴリ・URLへのアクセス接続が発生した場合、Netskope上 のサーバが対象サイトへ代理アクセス。
  • ユーザからのアップロード・ダウンロード操作、サーバからのPopup操作は強制的に禁止。※
対象サイトによっては編集、ファイル作成、投稿等の一部操作は許可される場合あります。
検証の上、アクセス禁止サイトに振り分けるか、操作権限を許容頂くかお客様の業務特性により判断頂く必要がございます。


安全なブラウザ閲覧が可能

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

CONTACT

0800-500-4000

セキュリティサービス部
受付時間:月~金 9:00-18:00(祝日、年末年始、当社指定日除く)

page top