クラウドセキュリティ

クラウドサービスの利用状況可視化・監視・制御 Netskope

概要

Netskope(ネットスコープ)は企業がクラウドサービスの安心、安全な利用を実現するCASBソリューションです。クラウドサービスとの通信を可視化、監視、制御し、許可していないクラウドサービス利用を制限、制御(シャドーIT対策)を実現します。

昨今多くの企業によるSaaSを含めたクラウドサービス利用が増加していますが、利便性ばかりに目が向けられ、そのリスクが見落とされているのが実情です。

クラウド利用のリスク①:
セキュリティ対策を主導することができない
(クラウドサービス事業者に委ねることになる)

SaaSもソフトウェアである以上、セキュリティホールが潜んでいる可能性があり、いくつかのSaaSでは、セキュリティパッチがリリースされる前に脆弱性が明るみに出てしまった事象が発生しています。

クラウド利用のリスク②:
モバイル端末、スマートフォンから情報が漏えいする危険性が高まる

クラウドサービスはいつでもどこからでも使える利便性がある一方で、モバイル端末からの情報漏えいリスクが高まります。既にクラウドサービスを利用しているにもかかわらず、対策を講じていない企業は少なくありません。

CASB(※1)を活用することで、企業はクラウドサービス利用時におけるリスクを最小化することができるため、米国では既に多くの企業がCASBの導入を前提としてクラウドサービスを利用しています。また、調査会社のガートナーは「2020年までに全世界の大企業の85%が、クラウドサービスに対してCASB製品を利用する。 」と予測しています。(※2)

CASBによる対策

会社が許可しているクラウドサービスへの対策

「クラウドサービスは安全ではない」ことを前提に、クラウドサービスにUpload/Downloadされるファイルの監視、利用範囲の制限、ファイルの暗号化などを行います。

会社が管理していないクラウドサービス利用への対策(シャドーIT対策)

管理できていないクラウドサービスの利用、また、管理していないデバイスによるクラウドサービスの利用を監視、制御します。

Netskopeについて

NetskopeはCASB市場におけるワールドワイドのリーディングカンパニーであり、CASBベンダーの中ではトップクラスの実績を持っています。

「可視化」を中心とした機能を実装する他のCASBベンダーとは一線を画し、「制御」や「防御」機能により、CASBに求められる機能を網羅的に実現することが可能です。

Netskope
Netskope, Inc.
https://www.netskope.com/
  • 2012年設立
  • ワールドワイドの従業員数350人以上(2017年現在)
  • 様々な業界に300社以上の導入実績(2017年現在)
  • 4カテゴリーで40以上の特許を取得

Netskope管理画面

Netskope管理画面

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

CONTACT

03-5166-1764

netXデータセンター事業本部 セキュリティサービス部
受付時間:9:30~18:00(土・日・祝日は除く)

page top