次世代の標的型攻撃対策

Full System Emulationにより高精度なマルウェア解析を実現 Lastline

概要

Lastlineは従来のセキュリティ対策では防御できない高度な攻撃と外部との不正な通信を検知する、標的型攻撃対策ソリューションです。高度なマルウェアを独自の手法とナレッジで分析し、その挙動を高精度に把握するこができます。導入形態はクラウド型、オンプレミス型から選択できます。

講演セミナーのアフターレポート」差し上げます!

防御ソリューションと攻撃は「いたちごっこ」です。サンドボックスシステムの普及により、攻撃者はサンドボックスを回避した新しい標的型攻撃を行っています。このような攻撃からお客様の大切な情報資産を守るためには、「次世代の標的型攻撃対策ソリューション」が必要です!

従来の標的型攻撃対策ソリューションは…

シグネチャ強化で
マルウェアを検知

標的型攻撃は企業ごとにマルウェアを作成するため、多くの種類のマルウェアはシグネチャで検知不可

仮想OSを利用した
サンドボックスで
振舞いを確認

仮想OSを利用したサンドボックスを回避するマルウェアが増加

専用アプライアンスを
導入

処理能力を増強するには製品の買い直しが必要
監視対象拠点への追加には製品の買い足しが必要

次世代の標的型攻撃対策ソリューションLastlineなら…

シグネチャに依存せず
未知のマルウェアを検知

標的型攻撃は企業ごとにマルウェアを作成するため、多くの種類のマルウェアはシグネチャで検知不可

アプリケーションからハードウェアレイヤに至る広範囲でマルウェアの挙動を分析

CPU、メモリなどのハードウェアを含むコンピュータ全体をエミューレート

あらゆる構成に対応

処理能力の増強が容易

• クラウド版:分析エンジンの処理能力に制限無し
• オンプレミス版:ソフトウェア販売のため、安価なIAサーバを追加のみ

監視対象拠点への追加が容易

ライセンス費用の増額無しで安価なIAサーバを追加のみ

Lastline構成イメージ

アンチウイルスソフトで防御できない高度なマルウェアを使った標的型攻撃から企業を保護

ネットワーク上を流れる通信をスキャンし、侵入してくるマルウェアを検知します。また、マルウェアによる不正な通信を検知し、ブロックします。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

CONTACT

03-5166-1764

netXデータセンター事業本部 セキュリティサービス部
受付時間:9:30~18:00(土・日・祝日は除く)

page top