FAQ

HOME FAQ ライセンス 無償(トライアル/フリー)版Splunkと有償版Splunkの違いを教えて下さい。

ライセンス

無償(トライアル/フリー)版Splunkと有償版Splunkの違いを教えて下さい。
トライアル版Splunkはエンタープライズ版Splunkの全機能を60日間使用可能で、その後一部機能制限のついたフリー版Splunkへと移行します。
この際、制限される機能(図中※1)については、以下のリンクをご参照下さい。
■Free vs. Enterprise■
(http://ja.splunk.com/view/free-vs-enterprise/SP-CAAAE8W)

エンタープライズライセンス

  • 全機能使用可能
  • 500MB/日
  • 60日間有効

有償ライセンス適用

60日経過

エンタープライズトライアルライセンス

  • 全機能使用可能
  • 30日間で5回以上のログ量(購入ライセンス分)超過でライセンス違反
検索機能停止のポリシー

フリーライセンス

  • 一部使用不可 ※1
  • 30日間で3回以上のログ量(500MB/日)超過で検索機能停止

関連項目

Splunk Enterpriseはどのようなライセンス体系になっていますか?
パーマリンク

Splunk Enterpriseのライセンス体系は、「1日の取り込みデータ量」に基づいた料金体系になっています。
レポート数、接続ユーザ数、CPUコア数、或いはデータソースやデータタイプ数が増えても追加料金はかかりません。

エンタープライズ版Splunkはどのようなライセンス体系になっていますか?
パーマリンク

エンタープライズ版Splunkには大きく分けて2つのライセンス体系があります。
・永続ライセンス : 永久利用可能なライセンス
・期間ライセンス : 年更新のライセンス

  • 永続ライセンスはアップグレードを含めた新規受付を終了しております
    (既存契約の延長を除く)。


また、永続/期間ライセンスともに1日の取り込みログ量によって更に細かいライセンス体系になっています。

取り込みログ量
1GB
2GB
5GB
10GB
20GB
50GB
100GB


上記記載のほかに、1TB以上のライセンスも購入可能となります。詳細はお問い合わせ下さい。

取り込みデータ量がライセンス購入分を超過した場合、Splunkはどうなりますか?
パーマリンク

Splunk Enterpriseのバージョン(※)によって異なります。
ライセンス違反状態となった場合の動作は以下の通りです。
※分散環境の場合はLicenseMasterのバージョンを指します。

  • バージョン8.1以降

    ⇒ご購入分が100GB/day未満のライセンスボリュームで、
    且つ過去60日間に45回以上のデータ量超過が発生した場合、
    ログの取込は継続されますが、検索機能が停止します。

  • バージョン6.5.0以降~8.1以前

    ⇒過去30日間に5回以上のデータ量超過が発生した場合、
    画面上にアラート警告されます。

  • バージョン6.4.9以前

    ⇒過去30日間に5回以上のデータ量超過が発生した場合、
    ログの取込は継続されますが、検索機能が停止します。

ライセンス違反状態時の対処方法は・・・?
Splunk社に申請の上、発行されるリセットライセンスを適用させる必要があります。

top