小規模システムを対象にApache & Tomcat のエンタープライズサポートを提供。

Red Hat JBoss WebServerは、全世界で最も使われている製品群を、企業向けサポートを含む製品と組み合わせてパッケージ化した製品です。

  • ■ サポートするOS
  • ・Red Hat Enterprise Linux6,7 (x86, x86_64)
  • ・Oracle Solaris 11(x86_64,SPARC64)
  • ・Microsoft Windows 2016 Server(x86_64)
  • ・Microsoft Windows 2012 Server R2(x86_64)
  • ■ コンポーネント
  • ・Apache Web Server(http)2.4.23,2.4.29
  • ・Apache Tomcat 8,9 (8.0.36,9.0.7)
  • ・Apache Tomcat Native 1.2.8,1.2.17
  • ・mod_cluster 1.3.5.Final,1.4.0.Final

Apahce/Tomcatとの違い

Red Hat JBoss WebServerは、完全なフリーソフトウェアであるApache Web Server/TomcatをベースにRed Hat社がコンポーネントの品質管理ならびにテクニカルサポートを責任を持って行っている製品です。Red Hat JBoss WebServerは、Red Hat社で品質管理試験が実施され、製品の振る舞いに影響がないようなバグ修正が定期的に施されています。そのため、企業様が安心して導入/利用できるWebサーバーとしての品質が得られます。

Red Hat Enterprise Linuxに含まれるApache/Tomcatとの違い

Red Hat JBoss WebServerは、Red Hat Enterprise Linuxに含まれるApache/Tomcatのソリューションとは異なり、企業向けWebサーバーとしての製品サポートがRed Hat社により提供されています。そのため、開発/運用時のトラブルシューティング支援からJDK/OpenJDKとの組み合わせのサポート、最新コンポーネントの利用がいつでも可能になります。また、企業内に多くのWebサーバーをお持ちの場合の統合管理ソリューションも提供されています。

Red Hat