Red Hat Ansible

運用管理自動化を実現

Red Hat Ansibleは、シンプルでエージェントレスの IT自動化テクノロジーです。現行の作業効率の向上や、さらなる最適化を目的としたアプリケーションの移行を可能にし、組織全体におけるDevOps実践のための単一言語を提供します。

ご利用場面

Ansibleによる自動化対象業務は多岐にわたりますが、代表的な作業をいくつかご紹介します。

仮想環境基盤の
構築・運用

夜間・休日の
インフラ運用作業

ネットワーク機器
の設定作業

セキュリティー
ポリシー変更作業

...等々

製品構成

Ansible が広く利用される背景(1)

Ansible が広く利用される背景(2)

システム構成

自動化のもたらす効果

【通信業】 アプリケーションのリリース作業

定期的に行われるアプリケーションの
リリース作業を自動化して、
90%の工数を削減。

【通信業】アプリケーションのリリース作業
【情報サービス業】 プライベートクラウドのリソース払い出し作業

リソースの払い出しを自動化して、
大幅なスピードアップを実現。

【情報サービス業】プライベートクラウドのリソース払い出し作業
【社会インフラ】 仮想化基盤の全運用作業

日常的な運用作業を自動化することで、
全体工数を半減。削減した工数を
新たな仕事へシフト。

【社会インフラ】仮想化基盤の全運用作業
【情報サービス業】 大規模クラウドサービスの運用作業

クラウド基盤のメンテナンス作業を自動化して、
大幅な時間短縮を
実現し、オペミスも削減。

【情報サービス業】大規模クラウドサービスの運用作業

SCSK Ansibleサービス

SCSK では、以下のようなサービスを提供しております。導入前の検討段階から購入後の実運用までトータルサポートいたします。

Ansible 導入に向けた
コンサルティング

お客様の業務を把握したうえで、業務自動
化・効率化に向けた業務整理やAnsible対
象業務の検討のご支援を行います。

導入支援

製品インストールから
セットアップまで
ご支援いたします。

Playbook
作成支援

お客様の業務に合わせ、
Playbookの作成 をご支
援いたします。

参考:playbook サンプル

マンガでわかるRed Hat Ansible

Ansible 紹介のマンガもございますので、
ぜひご覧ください。

マンガを読む
Red Hat