ソリューション

目的別ソリューション

フリーアドレス

<在席位置の確認>

コンタクトを取りたいメンバーのオフィス出社の確認、座っている場所等の確認ができます。
CollaboViewからMS365を利用してメールやチャットでの連絡が可能です。

在席位置の確認
コミュニケーション

テレワーク

<コミュニケーション>

テレワークで執務中のメンバーを確認できます。テレワーク場所、各自のステータスを確認することで声掛けのタイミングを判断できます。
CollaboViewからMS365を利用してメールやチャットでの連絡が可能です。

勤務時間把握

<勤怠システム連携>

CollboViewはオフィス内の滞在記録が集積されているため、オフィスにいつ来ていつ帰ったか確認が可能です。
働き方改革法で施行されている客観的勤怠の把握に活用、また勤怠システムへの連携が可能です。

勤怠システム連携
打合せスペースの可視化

オフィススペース活用

<打合せスペースの可視化>

会議室や打合せゾーンの使用状況をリアルタイムに可視化します。
空いているスペースを探す手間が省け、生産性の向上が図れます。

オフィス分析

<施設稼働率分析>

フリーアドレス座席の稼働率、打ち合わせゾーンの稼働率、コミュニティーゾーンの密集率、オンライン会議用ブースの稼働率など、 施設に関する分析をグラフィカルに見ることができます。

施設稼働率分析
温度、湿度、CO2濃度

オフィス環境把握

<温度、湿度、CO2濃度>

快適なオフィス運営のために、オフィスの温度・湿度・照度・騒音・CO2濃度を測定し、快適度、安全度を可視化することができます。

感染症対策

<接触者分析>

罹患者を起点に出社日の行動から1次接触、2次接触者を特定し迅速にリスト化します。接触者へ迅速に連絡することにより、職場や家族の安全を図れます。

接触者分析
備品探索と確認

備品管理

<備品探索と確認>

会社で管理している備品の位置情報が把握できるため備品に関する確認時間を大幅に短縮することが可能です。
社外に持ち出している場合、誰が持ち出したか確認することで、探索時間も大幅に削減可能です。

MicroSoft連携

<予定・プレゼンス共有>

Microsoft365と連携し、スケジュールに現在位置が表示されます。 Microsoft365のチャット、メールも活用できます。
予定と実態を両方の確認しながらスムーズな連絡手段を選択できます。

MicroSoft連携
チェックイン把握

チェックイン把握

<特定エリアの存在確認>

社員同士の働く場所が異なっていても、所在状況を把握可能です。
特定の座席エリアに指定したメンバーが入ると、メール通知を受けることができ、タイミングのよい連絡が可能になります。

活用シーン

工事現場で 勤務状況を見える化

ビル建設現場の活用例

作業員の状況把握が厳しい大規模な工事現場は、居場所検知のソリューションが効果的です。 作業員がBLEタグを携帯し、リアルタイムに所在把握を実施でき、安全管理にもつながります。 天候、気温、湿度等の変化に耐えうる屋外対応機器も取り揃えており、場所を選らばず活用いただけます。 また、機械、工具等の備品の利用状況、所在把握の確認にも利用可能で、作業効率の向上が期待できます。 機材の配置を容易に変更可能なため、作業進捗により建物の階層が増えていくビルの建設現場等でも、サービス提供が可能です。

顧客動線の把握

大型店舗活用例

大型店舗で顧客の入店から退店まで、どのように移動するかを把握することは、店内設計や商品の陳列・POPの表示などを考えるうえでとても重要となります。 CollaboViewは顧客動線を把握するため、買い物かごにBLEタグを付け、店舗の移動状況のヒートマップ図を作成し顧客行動を把握することで、 快適な店舗内レイアウトとアピール商品の効果的に配置を実現します。また季節ごとに分析することで、多くの商品を取り扱う大型店舗で快適な店舗レイアウトを提供し続け、 売り上げアップに貢献することができます。

店舗での従業員動線把握

大型スーパーマーケット活用例

売り場面積の広いスーパーでは様々な商品と細かな売り場エリアが分かれていますが、 働く従業員もパートアルバイト、正社員、などの店舗スタッフ、 メーカーや本社からのスーパーバイザーなど、様々に人も関わっています。 様々な人が売り場でどのような活動しているか、可視化することができます。 また人の動きと、天候、時間帯、時季、などの情報を組み合わせると、 よりよい店舗設計に貢献することができます。

イベントでの顧客動線把握

企業が開催したイベント活用例

来場者の入場時から退場するまでの行動をリアルタイムに配信し、顧客とのスムーズなコミュニケーションが取れるように情報を活用することができます。 イベント入場時にBLEタグを配布し、参加顧客の移動状況をイベント会場マップに表示します。 マップ表示された情報はスマホで確認できるため、 多くの人の中から、顧客を見つけ、最適なアクションを取ることができます。 またイベントスタッフにもBLEタグを携帯させ広い会場内でも連携の取れたイベント運営が可能です。