製品・サービス

主な特長

Pulse Secure Virtual Traffic Manager(旧製品名:Brocade Virtual Traffic Manager)は、以下の特長を備えた、ソフトウェアロードバランサです。
  • SSLアクセラレータを標準搭載
    SSL通信で送受信されるデータを、ロードバランサで暗号化・復号化処理する機能を標準で搭載しています。別途オプション等をご購入頂く必要はありません。
  • L7レベルの負荷分散処理
    ポート番号やIPアドレスをベースにトラフィックを振り分けるL4負荷分散のみならず、アプリケーション情報をベースに振り分けるL7負荷分散が可能です。
  • 様々なプラットフォームに対応
    LinuxまたはSmartOSを搭載した物理・仮想環境に対応します。
    VMware / Hyper-V / Citrix XenServer上では、仮想アプライアンスでの提供が可能です。
    またコンテナ(Docker)にも対応。AWS / Azure等でBYOLでの利用も可能です。
  • 容易なトラフィック拡張
    ライセンスキーを切り替えるだけで、容易に最大トラフィックの拡張が可能です。
  • ソフトウェアならではの短納期
    ハードウェア製品に比べ 、納期は5~10営業日と短く、迅速なサービス提供が可能です。
  • 豊富なコントロールAPI
    SOAP APIによる設定が可能なため、外部ソリューションとの高い親和性があります。
主要機能
  • 多様な負荷分散アルゴリズム
    ラウンドロビン、重み付けラウンドロビン、リーストコネクション(最小接続)、ファステストレスポンスタイム(最速応答)等のアルゴリズムにて負荷分散処理が可能。
spacer 多様な負荷分散アルゴリズム

 
  • SSLアクセラレータ
    SSLの暗号化/復号化処理機能を行うSSLアクセラレータを搭載することで、SSL通信を高速化し、バックエンドサーバの負荷を低減します。
spacer SSLアクセラレータ

 
  • URL埋込みID等セッション維持
    IPベース、Cookieベースほか、URL埋め込みID(JSESSION ID,ASP.NETセッションID)ベースも対応、PCのみならず携帯電話のセッション維持も可能です。
spacer URL埋込みID等セッション維持

 
  • L7ヘルスチェック
    バックエンドサーバの稼働状況をPINGレベルのみならずアプリケーションレベルで定期的に確認します。
spacer L7ヘルスチェック

 
  • クラスタ構成(冗長構成)
    クラスタ間で設定を共有し、障害時は正常稼働中のサーバへ仮想IPアドレスを移動することで、サービスを継続します。
spacer クラスタ構成(冗長構成)

 
  • 容易なトラフィック拡張
    ライセンスキーを切り替えるだけで容易に利用可能な最大トラフィックを拡張できます。サービス規模に応じて段階的に帯域を拡張し、設備投資を抑える事ができます。
spacer 容易なトラフィック拡張

 

本製品・サービスについてのお問い合わせ

流通・メディア第二事業本部 IPネットワークテクノロジ部
Pulse Secure Virtual Traffic Manager 製品担当

TEL 03-5859-3025 (平日10:00~17:00)
お問い合わせフォーム