粒子法 流体解析ソフトウェア Nextflow(ネクストフロー)

お問い合わせはこちら
メーカー名:Nextflow Software
SPH法による流体シミュレーションソフトウェア

Nextflowソリューションでは、複雑な自由表面を持った液体の挙動を、高速かつ高精度に解析することができます。Nextflow Software社で開発された流体シミュレーションである“SPH-flow”は、最先端の研究成果を取り入れて開発された、粒子法による流体解析ソルバーです。プリポストクライアントである“Nextflow Studio”を使って、メッシュレスで簡単に流体解析を行うことができます。

トピックス

特長

解析工数の短縮

複雑な格子の生成が不要で、前処理にかかる時間が短縮されます。また、領域ごとに粒子サイズを変えることで、高速解析を実現します

粒子法ベースのメッシュフリー解法を採用

メッシュ生成の制約があり、解析品質が解析技術者のスキルに依存した既存のCFDと異なり、粒子法ベースのメッシュフリー解法を採用しています

複雑な現象の解析に最適

スプラッシュ・ジェット・噴霧や、激しい衝撃を有する現象など、複雑な流動に適用でき、幅広い産業にわたりご利用いただけます

機能

  •  プリ/ポストプロセッシング機能
  •  熱/流体連成解析機能
  •  構造/流体連成解析機能
  •  粒子サイズ細分化(Adaptive Particles Refinement (APR))
Nextflow シミュレーション例1 Nextflow シミュレーション例1 Nextflow シミュレーション例1
Nextflow機能イメージ1
Nextflow機能イメージ2
Nextflow機能イメージ3

動画

最低動作環境

ハードウェア環境

CPU

Intel Core i3プロセッサ

物理メモリ

8GB RAM (16GB以上推奨)

HDD容量

ハードディスク5GB以上の空き容量(アプリケーション本体のみ)

グラフィックス

OpenGL 3.0コンパチグラフィックボード

ソフトウェア環境

Windows環境

Windows 10

Linux環境

Red Hat 6 or 7

利用のメリット

複雑な液体界面移動解析・各種連成解析等の解析を高速かつ高精度に行うことができるため、実験工数の削減が可能であり、
製品開発の期間短縮・コスト削減が可能。

 
 
  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

製造エンジニアリング事業本部
事業企画推進部
TEL:03-5859-3012
E-mail:nextflow-sales@ml.scsk.jp
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら