エンドポイント型 サイバー攻撃対策 Cybereason(サイバーリーズン)

お問い合わせはこちら
 
 

Cybereasonのシステム構成

Cybereasonはクラウドでサービスを提供しており、保有しているPCやサーバなどエンドポイント全体の状態をリアルタイムで遠隔から監視します。企業に攻撃があった際も素早く検知し、対応することを可能にします。 また、セキュリティ製品の導入は既存のPCやサーバ、NWへの影響を気にされる企業も多いかと思います。Cybereason EDRはCPUやNWへの負荷の小ささや「ユーザモード」という端末や他アプリケーションへの影響を抑える構造になっています。また、無償のPOC(事前検証)で影響を確認することもできます。

Cybereasonのシステム構成イメージ

Cybereason EDR (侵入後対策)

エンドポイントのログを収集し、侵⼊したマルウェアのサイバー攻撃の兆候をクラウド上の機械学習(AI)エンジンによってリアルタイムに検知し、対応することができるサイバーセキュリティです。

Cybereason EDR (侵入後対策)

Cybereason NGAV (侵入前対策)

未知のマルウェア、既知のマルウェア、ランサムウェア、悪意のあるPowerShellのファイルレスマルウェアなど、あらゆるタイプのマルウェアに対策ができる次世代アンチウイルスです。

Cybereason NGAV (侵入前対策)
 
  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITエンジニアリング事業本部
ミドルウェア第二部
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら