行動的生体AI認証ソリューション

お問い合わせはこちら
メーカー名:BioCatch, Inc.
利用者の『クセ』をカギにする

「BioCatch」は、利用者が端末(スマホ/PC)を操作する際の操作情報を収集、操作の傾向(癖(くせ))から、本人らしさを分析します。第三者のなりすましによる不正送金、不正な新規口座開設などのサイバー犯罪を防ぐことができる製品です。

金融機関のWebサービス(インターネットバンキングなど)のログイン画面からログアウトするまでの間、継続的に操作情報を収集・分析し、ログイン時に使用するワンタイムパスワードによるセキュリティを突破する高度な攻撃を受けた際も、ログイン後も含めた一連の操作情報から異常を検出して、被害を未然に防ぐことが期待できます。また、「BioCatch」を使うことによるパスワードなどの追加入力は必要なく、利用者の利便性を確保したまま金融機関のサービスを利用いただけます。

character_image

特長

character_image
  •  「本人らしさ」を可視化

    ログイン前からログアウトまで継続的に利用者の操作を監視し、「本人らしさ」を0~1000のスコアを含めたプロファイル情報に基づき可視化を行う独自のソリューションです。

  •  リアルタイムに本人識別

    Webサイト(ブラウザ)またはスマホアプリのログイン操作者が本人であるかどうかを判断するために利用できます。リアルタイムで収集したデータを、利用者ごとに作成されるプロファイル情報と比較して分析します。

  •  各種情報からユニークなプロファイルを作成

    ブラウザベースでは500項目以上、スマートフォンアプリでは2,000項目以上の情報を収集し、それらを組み合わせることで各利用者に合わせたユニークなプロファイルを作成します。また、BioCatch社が得意とする利用者の操作情報の他に、従来のリスクベース認証ソリューションで収集されているIP情報、Geo Location情報、端末情報も収集し分析します。

  •  マシーンラーニングによる継続的な検知精度の向上

    BioCatch社は50件以上の特許を取得しており、それらを製品全体に活用して非常に高度な分析を行います。また、マシーンラーニングを用いた分析エンジンは、Detection ModelへのFraudフィードバックを続けることで検知精度が向上していきます。

  •  ワンタイムパスワード攻撃にも対応

    近年増加しているワンタイムパスワードを突破する攻撃に対しても非常に有効です。Bot、RAT、バンキングトロイ、MITM / MITBを用いた通信を検出するアルゴリズムも保持しております。

  •  豊富な実績

    BioCatch社は、行動バイオメトリクスの分野で先進的な製品を開発しており、全世界で2億人以上のユーザーを分析し、月に20億以上のセッションを分析しています。

利用のメリット

機能・ラインアップ

BioCatch社 受賞歴

BioCatch社は2011年の創業以来、行動的生体認証のリーダーとして世界中でビジネスを展開し、様々なアワードを世界の各地域で受賞しております。
詳細は以下BioCatch社のWebサイトよりご参照ください。(英語サイト)

    【受賞歴】※2021年7月時点
    • Deloitte's 2020 Technology Fast 500
    • The Top Fintech Companies Of 2020
    • AI 100
    • Best Application of AI in Financial Services Runner Up

トピックス一覧

  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら