お知らせ
(2022年)

「RADIUS GUARD S Version 6.17」を提供開始
~電子証明書配付・連携機能を強化し、不正アクセス対策を支援~

2022年3月8日(火)

SCSK株式会社

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、販売中の認証・アカウント管理・DHCPアプライアンス「RADIUS GUARD® S(ラディウスガードエス)」へ、電子証明書配付機能などを強化した「RADIUS GUARD® S Version 6.17」を3月8日にリリースします。

RADIUS GUARD S
RADIUS GUARD S 筐体

1. 背景

テレワーク環境における無線LANの利活用が広がる一方、不正アクセスやランサムウェア被害などのセキュリティインシデントが増加し、さまざまな脅威にさらされている昨今、各企業はネットワークセキュリティ対策の強化が求められています。また、社員が利用するPCなどの端末からアクセスする際のデバイス認証は必須となりつつあり、システムの管理者・利用者双方の負担は大きくなる一途をたどっています。

これらの課題にお応えするため、このたびSCSKは、デバイス認証で活用される電子証明書の配付にともなう運用負担を軽減する機能を新たに提供、かつ、ネットワーク接続への認証機能時の連携を強化した「RADIUS GUARD® S Version 6.17」の提供を開始します。

2. 「RADIUS GUARD® S Version 6.17」の主な新機能

「RADIUS GUARD® S Version6.17」は、証明書配付の運用負担を軽減する機能や他サービスとの連携を強化する機能を新たに提供します。現在、「RADIUS GUARD® S」をご利用中の場合は、ファームウェアのバージョンアップで利用可能となります。

  • ① Windows端末向け証明書インポートツールでセキュアな運用体制を提供
    Windows端末向けの証明書インポートツールを利用することで、「RADIUS GUARD® S」利用者向け申請ワークフローの「ユーザーツール」と連動して、端末にクライアント証明書を導入することが可能です。
    本機能により、クライアント証明書配付業務の大きな負担となっていた利用者端末での導入作業を軽減するだけでなく、他端末へのクライアント証明書の流用を防止することができ、よりセキュアなクライアント証明書の運用が可能となります。また、既存で提供しているダイレクトインポート機能と異なり、ActiveXを用いずにクライアント証明書の導入を実現します。
  • ② 「Microsoft Intune」と連携した証明書配付機能で迅速な配付を実現
    Microsoft社のMobile Device Management(以下 MDM)システム※1「Microsoft Intune」と連携し、Simple Certificate Enrollment Protocol(以下 SCEP)※2を使用して「RADIUS GUARD® S」で発行されたクライアント証明書を端末に配付します。
    本機能により、デバイス毎に必要となるクライアント証明書の導入作業を「Microsoft Intune」の管理下デバイスに対して自動一括インストールなどが可能となります。また、「Microsoft Intune」との連携により管理者による証明書配付負荷を軽減し、利用者端末への認証ネットワーク展開を促進します。
    • ※1:主にモバイルデバイスを統一的に運用するための支援システム。アプリケーションや利用ポリシーなどの一元管理が可能。
    • ※2:デバイスにクライアント証明書を配付するプロセスを簡略化できるプロトコル。
  • ③「セキュアLDAPサービス」に対応
    Google社がサービス提供している「セキュアLDAPサービス」に対応することで、「Google Workspace」や「Cloud Identity」のアカウント情報を使用し、ネットワーク認証やユーザーツールへのログインが可能となります。
    本機能により、無線LANの利用時にGoogle上のアカウント情報を参照した認証環境の構築が実現できます。

3. 「RADIUS GUARD® S」製品概要

「RADIUS GUARD® S」は、1台でネットワーク認証に必要な機能をまとめて提供するアプライアンス製品です。複数の機能をまとめ優れたコストパフォーマンスを実現します。

さまざまなメーカー製品と連携実績があり、一般企業から、金融、公共、医療、文教など、業種業態を問わず多種多様な業界でご利用いただいています。

URL:https://www.scsk.jp/product/common/radius/index.html

4. 価格

¥590,000(税別:200ライセンス)から

  • ※既存ユーザー様はバージョンアップにより無償利用可能です。
    新規ユーザー様に向けて、3月8日以降から当該最新バージョンで出荷を予定しています。

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関する
お問い合わせ先

SCSK株式会社
プラットフォーム事業グループ
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワーク部
TEL:03-5859-3034
E-mail:RG-info@ml.scsk.jp

  • 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。