プレスリリース
(2021年)

SAP®ERPの人的リソース不足の解消に向けた、
機能拡張開発ソリューション「Add-Value for SAP BTP」の提供開始

PDF (232KB)

2021年11月29日(月)

SCSK株式会社

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、SAP社のSAP® Business Technology Platformを活用してSAP S/4HANA®の機能拡張開発を行うソリューション「Add-Value for SAP BTP」の提供を2021年11月29日から開始します。

1. 背景

SAP S/4HANAの新規導入およびマイグレーションを検討しているお客様の増加により、市場ではSAP関連技術者の不足が課題となっています。また、バージョンアップなど保守運用の効率化を重視し、Core Cleanを前提としたERP導入が主流となっており、機能拡張開発にはクラウドを活用した疎結合での実現が必須となっています。

2. ソリューションの概要

「Add-Value for SAP BTP」は、SAP社のクラウド基盤であるSAP Business Technology Platformに、これまでSCSKがクラウドネイティブ開発の実績から得た独自の機能・部品を付加したソリューションです。

SAP Business Technology Platformを効率的に活用し、SAP S/4HANAの標準機能では対応できない各社固有のアドオン機能を開発することが可能となります。

ソリューションの概要

3. ソリューションの特長

クラウドネイティブ開発を効率化させるSCSK保有のアプリケーション基盤から、SAP Business Technology Platform上に適用可能な機能を抽出し利用することにより、SAP Business Technology Platform上のJavaアプリケーション開発を効率化します。
また、SAP関連技術者だけでなく、Java開発技術者がSAPの機能拡張開発を容易に行えるようになります。SCSKには、Java開発技術者が多数在籍しており、こうした幅広い業種のノウハウを持つ技術者がSAP S/4HANAの導入および周辺開発を行うことで、SAP S/4HANA導入における人的リソース不足解消と開発生産性向上を実現します。

SAP Business Technology Platformの活用を促進することで、インフラの保守を必要とせず、アプリケーションを短期間で構築できるPaaSのメリットを生かし、変化に柔軟に対応できる時代に合った基幹システムの構築をご支援します。

4. 今後の目標

2025年までに20社のお客様に提供することを目標としています。

今後も、SCSKは、SAP S/4HANAの導入およびマイグレーションにより、バックオフィス業務のデジタル化推進を目指す企業を支援して参ります。

SAPジャパン株式会社からのエンドースメント

SAPジャパン株式会社は、SCSK株式会社が「Add-Value for SAP BTP」を提供開始されたことを心より歓迎いたします。

SAP Business Technology PlatformをSAP S/4HANAの技術拡張基盤として活用し、さらにSCSK様の豊富なJava技術開発知見を加えることによって実現された本サービスは、顧客にとって柔軟な機能拡張性を担保するものであり、市場変化への迅速な対応を可能とするものであります。また、本サービスにより、SAP関連技術者に加えて、業種別の業務ノウハウをお持ちのJava開発技術者による機能拡張開発が可能となり、SCSK様が顧客企業のデジタル化により一層貢献されることを確信しています。

今後、SCSK 様がSAP Business Technology Platform上で稼働するサービスを拡充されることにより、SAP S/4HANAをご利用される顧客企業に対してさらなるビジネス価値が提供されることを期待いたします。

SAPジャパン株式会社 常務執行役員 大我 猛

本件に関する
お問い合わせ先

製品・サービスに関する
お問い合わせ先

SCSK株式会社
ソリューション事業グループ
AMO第一事業本部 ソリューション営業部
E-mail:sap-info@ml.scsk.jp

報道関係
お問い合わせ先

SCSK株式会社
企画本部 広報部 高野
TEL:03-5166-1740

  • SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
  • 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。