プレスリリース
(2018年)
pdf (201KB)
2018.08.03(金)
SCSK株式会社
SCSKニアショアシステムズ株式会社

SCSK、熊本に新たな開発拠点を開設
~国内7拠点目となるニアショア開発拠点~

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下SCSK)およびSCSKニアショアシステムズ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:谷口 学、以下SCSK-NS)は、7拠点目となるニアショア開発(日本国内の地方拠点で行うリモートシステム開発)拠点として熊本県を選定し、8月2日(木)に熊本県熊本市と立地協定を締結したことをお知らせいたします。

これにより、既存拠点を含めたニアショア開発要員を2018年度末に550名体制へと拡大させ、今後順次採用および地元パートナー企業との連携を進めることにより、2020年度末には1,000名体制を目指します。

調印式の様子
調印式の様子
写真左から、熊本市 副市長 多野 春光様、SCSK 専務執行役員 遠藤 正利(兼 SCSK-NS 代表取締役会長)、
SCSK 代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者 谷原 徹、SCSK-NS 代表取締役社長 谷口 学、
熊本県 副知事 小野 泰輔様、写真下 くまモン
1. 背景・目的

SCSKは、中期経営計画の基本戦略として、「時代の変化を捉えた戦略的事業の推進」を掲げています。本戦略を推し進めるにあたり、社内の人的リソースを戦略的事業に配置転換する必要があり、これらを実現する方法の一つとしてニアショア開発体制の拡大による人的リソースの再配置を掲げています。

このような事業環境のもと、SCSKは、継続的に発生する大規模システムのエンハンス案件(既存システムの機能拡張および性能向上を目的とするシステム保守案件)に対して、SCSK-NSで蓄積してきたニアショア開発のノウハウと地元指向の高い優秀なIT技術者を確保し活用することで、品質・生産性の高い国内開発体制を構築することとなりました。

中期経営計画(5カ年)も4年目を迎え、ニアショア開発体制のさらなる拡大と中期経営計画(基本戦略)を具現化する施策として、熊本開発センターを開設しました。熊本への進出は、2016年10月の鹿児島開発センター開設に続き、九州・沖縄地区4拠点目であり、総数では7拠点目となります。

※既存6拠点:岩手県、神奈川県、福井県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

2. 熊本新開発拠点の2019年1月設立について

SCSKとSCSK-NSは、熊本県熊本市との立地協定締結に伴い、地元指向の高い優秀な新卒学生・技術者の採用を進めるとともに、SCSKで取り組む「働き方改革」に賛同いただける地元パートナー企業を結集し、日本を代表する企業を中心とした大規模システムに対するエンハンス案件の開発業務を行う新たな開発拠点として、2019年1月より熊本にて事業を開始する予定です。

事業規模は、2018年度末に30名、5年以内に150名まで拡大することを計画しています。

熊本県を新開発拠点として選定した理由は、以下の通りです。

  • (1)優秀な人材(IT関連、学生など)、コストなど約20項目のデータを評価
  • (2)潜在的な地元志向も含め、豊富な人材獲得が見込める
  • (3)宮崎、鹿児島を含めた南九州拠点での協力体制や、SCSKの九州支社やSCSK九州株式会社との連携が可能

SCSKおよびSCSK-NSは今後、グループが推進する「働き方改革」を熊本県に展開し、健康でやりがいを持って働くことができる開発拠点作りに、日々取り組んでまいります。

【連絡先】
SCSKニアショアシステムズ株式会社 熊本開発センター

開設準備室: 熊本県熊本市中央区中央街4-22 アルパ銀座通り4階
  電話: 050-6865-7629
新オフィス: 熊本県熊本市中央区手取本町2-5 熊本通町ビル(2019年1月開業予定)
■ SCSKニアショアシステムズ株式会社について

SCSKニアショアシステムズ株式会社は、国内6拠点(岩手県、神奈川県、福井県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)でニアショア開発サービスを展開し、システム開発、ITインフラ構築、ITマネジメント、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)、ITハード・ソフト販売まで、ビジネスに必要なサービスをフルラインアップでご提供するSCSKの100%出資グループ企業として、「システム開発」の分野における一翼を担っています。

また、SCSKグループで推進しているワーク・ライフ・バランスなどの「働き方改革」の取り組みを各拠点に展開することで「人が集まる地方IT業界づくり」を実現し、持続可能な地域社会の発展に貢献していきます。

SCSKニアショアシステムズ株式会社Webサイト URL: http://www.scsk-nearshore.co.jp/ 新規ウィンドウ

本件に関するお問い合わせ先

【報道関係からのお問い合わせ先】

SCSK株式会社
広報部 杉岡
TEL:03-5166-1150