プレスリリース
(2016年)
pdf (137KB)
2016.07.25(月)
SCSK株式会社

「SAP® S/4HANA」導入テンプレートおよび関連サービスとして「Add-Value」シリーズを提供開始
~「SAP S/4HANA」導入における期間短縮・コスト圧縮・効率化を実現~

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:谷原 徹、以下SCSK)は、SAP社の最新ERP製品「SAP Business Suite 4 SAP HANA(以下SAP S/4HANA)」導入テンプレートとその関連サービスを、「Add-Value(アドバリュー)」シリーズとして2016年7月25日から提供開始します。

1.「Add-Value」シリーズについて

「Add-Value」シリーズは、SCSKがこれまでに提供してきたSAP導入・運用・保守サービスの中で培ったノウハウから生み出された「SAP S/4HANA」に関わるSCSKトータルサービスです。「Add-Value」シリーズでは以下のサービスを提供します。

  • 各種導入テンプレート、導入支援
  • その他関連サービス(POC、マイグレーション、SAP社のPaaS「SAP HANA® Cloud Platform」上での 拡張開発)

これらサービスをご利用いただくことで、「SAP S/4HANA」の効率的な導入、TCO削減とROI向上に寄与します。

※POC(Proof Of Concept):試行的検証。新しい概念や理論、原理などが実現可能であることを示すための簡易な試行。

2.導入テンプレートについて

SCSKの導入テンプレートは、「SAP S/4HANA」におけるシステム上の事前設定に加えて、導入プロジェクトで必要となる各種成果物ドキュメントのサンプルやフォームを含むトータル・ソリューションです。既存のSAP ERPテンプレートの踏襲ではなく、「SAP S/4HANA」の新しいユーザーインターフェース「SAP Fiori®」などの新技術の活用、「SAP HANA® Cloud Platform」上での追加機能提供(今後提供予定)により、クラウド時代の新しい基幹システム構築を支援します。また、今後リリースされる「SAP S/4HANA」の新バージョンについても随時対応していく予定です。このたび、シリーズ第一弾として以下の3種をリリースし、今後さらなるラインナップの拡充とクラウドでのSaaS提供についても計画しています。

  • 1)「Add-Value for Accounting」
    「SAP S/4HANA」を前提とした実績豊富な会計ソリューション
    「Add-Value for Accounting」は、一般会計、債権管理、債務管理を対象にしており、SCSKの豊富な実績・ノウハウをもとに、日本企業の会計業務に必要な主要機能(手形管理、各種自動消込など)をあらかじめ実装したソリューションです。
    http://www.scsk-erp.jp/addvalue_accounting 新規ウィンドウ
  • 2)「Add-Value for Manufacturing」
    組立/プロセス製造業向け業務領域を広範にわたってカバー
    「Add-Value for Manufacturing」は、組立/プロセス製造業で必要となる販売、購買、生産、財務会計、管理会計などの多岐にわたる業務をカバーするトータル・ソリューションです。
    http://www.scsk-erp.jp/addvalue_manufacturing 新規ウィンドウ
  • 3)「Add-Value for 手形管理」
    手形管理から電子記録債権まで対応のAdd-Onソリューション
    「Add-Value for 手形管理」は、手形管理に必要な計上から決済までの機能に加え、「でんさいネット」対応機能を兼ね備えたAdd-Onをあらかじめ実装したソリューションです。
    http://www.scsk-erp.jp/addvalue_tegata 新規ウィンドウ
3.関連サービスについて

「SAP S/4HANA」の導入やマイグレーションを支援する各種サービスを順次提供します。その第一 弾として、「SAP S/4HANA」を使って、自社業務との簡易適合性検証を可能にするPOCサービスを提供開始します。当サービスを利用いただくことで、上述の各種テンプレートとクラウド環境を活用して早期に検証を実施することができます。また、これにより「SAP S/4HANA」導入プロジェクトにおけるリスクを事前に軽減することができます。

4.提供開始日

2016年7月25日

エンドースメント

SAPジャパン株式会社 パートナー統括本部 統括本部長 宇都宮 隆二氏は、今回の「Add-Value」シリーズの「SAP S/4HANA」対応について、次のように述べています。

「SAPジャパンは、SCSK株式会社様の『Add-Value』シリーズの『SAP S/4HANA』対応を心より歓迎いたします。 『SAP S/4HANA』は比類なきイノベーションとシンプル化を実現する次世代ERPです。
このたびのSCSK様の取り組みは、SCSK様がこれまでさまざまなお客様へご提供されてきたノウハウを集約したものであるだけでなく、『SAP S/4HANA』を標準採用しながら日本固有の要件を『SAP HANA Cloud Platform』を活用して柔軟に構築するという、弊社が推奨する次世代のERP導入方法を体現したものであり、構築コスト、ランニングコスト、アップグレードコストの全てを低減するものであると確信しております。
SCSK様とSAPの革新的なソリューションにより、グローバル市場において更なる競争力強化を実現されることを大いに期待しております」

本件に関するお問い合わせ先

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
SCSK株式会社
AMO第二事業本部 渡部、鈴木

E-mail: sap-info@ml.scsk.jp

【報道関係お問い合わせ先】
SCSK株式会社
広報部 栗岡
TEL:03-5166-1150

【協同パートナー】

株式会社JIEC(SCSKグループ/東証2部/4291) URL: http://www.jiec.co.jp/ 新規ウィンドウ
SAPサービス URL: http://www.jiec.co.jp/service/erp/index.html/ 新規ウィンドウ
Basis Technology Consultingサービス URL: http://www.jiec.co.jp/file/SAPBASIS.pdf 新規ウィンドウ

※ SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。

※ 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。