プレスリリース(2015年)

pdf (224KB)
2015.07.01(水)
SCSK株式会社
米国Panzura社と国内販売代理店契約を締結し、
グローバルファイル共有サービスの提供を開始
~ グローバル企業の世界に分散するファイルサーバを統合し、
拠点間での安全かつ快適なファイル共有を実現する新サービスを日本市場に投入 ~

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大澤 善雄、以下SCSK)は、クラウドストレージコントローラのリーディングカンパニー 米国Panzura, Inc.(本社:カリフォルニア州キャンベル、CEO:Randy Chou、以下Panzura社)と販売代理店契約を締結し、2015年7月1日からPanzuraグローバルファイルシステムの取り扱いならびに同サービスの提供を開始いたします。

1.背景

近年、企業が保有する非構造化データの爆発的な増加に伴い、膨大なデータにアクセスするためにファイルサーバの需要は高まっています。特に、グローバル企業においては、国内・海外拠点でのファイルサーバの投資、バックアップや災害対策、データ保護などに対する運用コスト・運用負荷が大きな課題になっています。一方で、企業として、オンプレミスでITシステムの構築・運用を行うのではなく、安価で安全性の高いパブリッククラウドの採用を検討する“クラウドファースト”が加速しています。

SCSKは、これらの課題に対し、新たなファイルサーバ統合を実現するソリューションであるPanzuraグローバルファイルシステムの取り扱いならびに同サービスの提供を開始いたします。

2.概要

PanzuraはAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)やMicrosoft Azureストレージに代表されるクラウドストレージを企業のファイルサーバとして利用するためのゲートウェイ製品です。

Panzuraを企業サイトに設置し、インターネット/WAN経由でクラウドストレージに接続すると、Panzuraはファイルサーバ(CIFS/NFS)として動作し、データはすべてクラウドストレージに保存される仕組みです。

  • <Panzuraがサポートするクラウドストレージ>
    (パブリッククラウド) Amazon S3、Microsoft Azure Storage、HP Cloud Storage など
    (オンプレミス) HP Helion Content Depot、Cleversafe など
Panzura基本構成イメージ
3.特長
  • (1)オンプレミスの使い勝手と性能を実現したクラウドファイルサーバ
    PanzuraはCIFS/NFSのファイルサーバとして動作するため、クライントからの使い勝手は従来のファイルサーバと変わりません。またPanzuraはローカルキャッシュと重複排除機能を有しており、クライアントとの高速なファイルのやり取りに加え、Panzuraとクラウドストレージ間の通信量を減らすことで、従来のオンプレミス版ファイルサーバに劣らない性能を発揮することができます。
  • (2)グローバルファイルシステム
    Panzuraの最大の特長であるグローバルファイルシステムは、国内・海外の複数拠点にPanzuraを導入し、クラウドストレージに接続することで、すべての地点から同じファイルシステムにCIFS/NFSによるアクセスが可能となります。従来、グローバル企業は拠点ごとにファイルサーバを導入する必要があり、拠点間のファイル共有にはファイル転送などで対応せざるを得ませんでしたが、Panzuraを導入することで、グローバル企業の世界中に分散するファイルサーバを統合し、拠点間での安全かつ快適なファイル共有を実現することができます。
    グローバルファイルシステム
  • (3)暗号化機能
    Panzuraは、米国連邦標準規格であるFIPS 140-2に準拠するAES-256bit暗号化機能を有しており、クラウドストレージに保存するデータを強力に保護します。
4.導入事例

一足早くPanzuraの導入が進む欧米では、製造業への導入が非常に多く、国内外の開発拠点間におけるCAD/設計データなどのファイル共有に使用されています。またエンタープライズ企業の場合は、クラウドストレージの利用によるファイルサーバの災害対策強化や、ファイルサーバ統合を目的とした導入が増えています。

5.今後の展開について

今後、データ量の急激な増加に伴いファイルサーバの需要やクラウドストレージの利用が一層加速することが予想されます。SCSKはPanzuraとクラウドストレージの組み合わせによる提供に加え、クラウドファイルサーバの運用に必要となる監視やバックアップ、ログ収集、運用・保守といった各種サービスを準備し、グローバル企業のファイルサーバにかかるコストや運用負荷を大幅に削減するフルマネージド型のファイルサーバサービスとして提供することにより、今後3年間で10億円の売上を目指します。

6. Panzura社について

Panzura社は、2008年9月に大手ベンチャーキャピタルから出資を受けて設立し、2013年6月までに$58Mを調達に成功。2010年6月に製品を市場に投入して以来、「Best Of Interop Awards 2012」「Cloud Storage Awards 2013」「Gartner Cool Vendor 2013」「CRN 20 Coolest Cloud Storage Vendors Of The 2015」に選出されるなど大きな注目を集めています。 米国内で開発を行い、米国・英国・豪州・シンガポールに営業拠点を置いて全世界約400社の顧客をサポートしています。

Panzura, Inc.: http://panzura.com/ 新規ウィンドウ

本件に関するお問い合わせ先

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
SCSK株式会社
ITエンジニアリング事業本部 エンタープライズ第一部 佐藤、落藤
TEL:03-5859-3830
E-mail:panzura-info@ml.scsk.jp

【報道関係お問い合わせ先】
SCSK株式会社
広報部 杉岡
TEL: 03-5166-1150

※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。