プレスリリース
(2014年)
pdf (109KB)
2014.06.06(金)
会社名 SCSK株式会社
代表者名 代表取締役会長 兼 CEO 中井戸 信英
(コード番号:9719 東証 第1部)

財務資金管理システム/販売管理システムの事業譲受に関するお知らせ

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役会長兼CEO:中井戸 信英、以下SCSK)の子会社であるSumisho Computer Systems(Europe)Ltd.(英国、以下SCSE)は、株式会社日本総合研究所(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤井 順輔、以下JRI)の子会社であるJRI Europe,Ltd.(英国、以下JRIE)から、財務資金管理システム/販売管理システムの事業譲受を行いましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.事業譲受の目的

SCSKは、昨今の金融機関のグローバル展開に対し、海外拠点ソリューション、市場金融業務統合ソリューション、国際間決済ソリューションなどを提供してまいりました。
上記ラインアップに、財務資金管理システム/販売管理システムを加えることで、一般事業会社から金融機関までの「お金の流れを管理する」ソリューションをワンストップサービスで提供可能な体制を整え、同分野におけるトップITサービスプロバイダーを目指します。
また、金融システム構築分野における高度なグローバルSE人材を獲得することにより、今後の中長期的な成長を目指します。

2.事業譲受の内容

JRIEから、財務資金管理システム/販売管理システム事業に係る、従業員、資産、ソフトウェアに関する知的財産権、第三者との契約(使用許諾契約、保守契約等)を譲り受けました。

3.主要な財務資金管理システム/販売管理システムの概要

財務資金管理システム「TreasuryStream」
海外グループ各社や統括会社間の財務資金情報の一元化および標準かつ効率化された管理オペレーションのもと、資金の流れの可視化を実現いたします。また、グローバル財務資金運用の効率化に向けた管理体制および情報基盤の構築サポートをSaaS型で提供いたします。

販売管理システム「CommerStream」
商品の発注計画(P-Plan)から、トラッキング(Visual Pipeline)機能などリードタイムの長いビジネス(日本と欧州間など)に強い機能を有しており、一連の業務ワークフローの一元化およびレポート作成、為替・VAT(Value Added Tax)入力による業務支援をはじめとする簡易ERPとしての豊富な機能をSaaS型で提供いたします。

4.日程
事業譲受日 平成26年6月1日
5.今後の業績見通し

今回の事業譲受による今期(平成27年3月期)業績への影響は軽微であると考えております。

■ 本件に関するお問い合わせ先

SCSK株式会社
広報部 杉岡
TEL:03-5166-1150