イベント・セミナー(2017年)

2017.07.07(金) 開催終了
ADVENTUREClusterユーザー会2017

この度私共SCSK株式会社では、株式会社アライドエンジニアリング開発の、数千万~1億自由度を超える大規模な解析を実用的な時間内で可能にする構造解析ソフトウェア「ADVENTURECluster」のユーザー会を開催する運びとなりましたので下記にてご案内申し上げます。

特に今回はユーザー様の先進的な活用事例をはじめ、開発元であるアライドエンジニアリングから最新バージョンの発表など充実したトピックスを取り揃えた内容となっております。

皆様是非とも万障お繰り合わせ頂き、ご出席をお願いします。

アフターレポート

セミナー概要

主催 株式会社アライドエンジニアリング、SCSK株式会社
協賛 日本ヒューレット・パッカード株式会社
日時 2017年7月7日(金) 10:30~17:00 ユーザー会 
                          17:20~           ユーザー様懇親会
会場 東京コンファレンスセンター・品川
〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 5F
定員 300名
対象 1. ADVENTUREClusterユーザー様
2. ADVENTUREClusterにご興味・ご検討いただいているお客様
参加費 無料

プログラム内容

  • 10:30~10:35

    開会のご挨拶、将来展望

    株式会社アライドエンジニアリング
    社長
    石橋 清人
  • 10:35~11:25

    基調講演
    「CAEにおけるディープラーニング活用 ~重合メッシュ法によるき裂進展挙動学習~」

    近畿大学
    理工学部 機械工学科
    教授
    和田 義孝 様
    ILSVRC 2012におけるディープラーニング(深層学習)の有効性が画像認識において示されその可能性に多くの人々が期待する状況になって久しい。しかし、計算力学やCAEといった分野こそ、ディープラーニングとの親和性が高いと期待するもののその応用方法・利用方法については先行研究事例すら少ない状況である。そこで、本講演ではコンピューティングパワーにより学習用データを大量生成し、何をどのように学習するのが最も効果的かつ効率的かをき裂進展挙動を通して考察する。また、特に並列計算環境におけるディープラーニングの学習データ生成についても考察する。
  • 11:25~12:05

    ユーザー様活用事例発表1
    「ADVENTUREClusterを用いた大型溶接構造物の信頼性向上」

    日立建機株式会社
    実験解析評価センタ
    三井 和麻 様
    当社ではFEM解析を用いた油圧ショベルの強度評価について高度化を図っている。
    今回の発表では、超大型ショベルにおける大型溶接構造物の信頼性向上という課題に対して、機構解析と組み合わせたADVENTREClusterの適用事例を紹介する。
  • 12:05~12:55

    昼食

  • 12:55~13:35

    ユーザー様活用事例発表2
    「ダイカスト製品の金型への抱き付き力および残留応力解析事例」

    株式会社アーレスティ
    生産技術部
    設計課
    植田 将志 様
    当社では、アルミダイカスト設計業務において、残留応力、熱変形など熱的な影響を考慮した解析の必要性が増している。
    しかしながら、これらの解析には金型を含めたモデルの大規模化に加え、材料クリープ特性なども考慮することから、解析負荷の増大が大きな課題になってきている。
    今回、ADVENTUREClusterを導入し,抱き付き力および残留応力解析に適用した事例について紹介する。
  • 13:35~14:15

    ユーザー様活用事例発表3
    「ADVENTUREClusterを活用した高周波焼入れ解析」

    ヤンマー株式会社
    中央研究所 基盤技術研究部
    生産技術グループ
    上田 英明 様
    当社では、適正な品質・価格・タイミングで製品をお客様に提供することを目指し、解析技術の高度化および適用範囲の拡大を進めている。
    今回の発表では、エンジン部品の高周波焼入れ現象を明らかにし、製造時の残留応力予測や処理条件導出に適用するため、ユーザー関数機能を活用した解析技術を構築した事例を紹介する。
  • 14:15~14:35

    Coffee Break

  • 14:35~14:55

    ユーザー様活用事例発表4
    「プレス金型におけるADVENTUREClusterの活用事例」

    株式会社ヒロテック
    金型技術部 金型設計一課
    窪岡 正記 様
    当社では、フタ物と排気系に特化することにより、開発から生産のすべての領域において改善と改革を推進し、オンリーワン技術を通して世界一のエンジニアリング会社を目指している。
    今回の発表は、金型製作において、理想的金型構造を追及するために、ADVENTUREClusterの活用事例を紹介する。
  • 14:55~15:35

    ユーザー様活用事例発表5
    「CAE工数削減のためのADVENTURECluster 多並列化の検討」

    いすゞ自動車株式会社
    CAE・デジタル開発推進部
    PT-CAEグループ
    杉安 孝幸 様
    CAEの期間短縮の検討として、以前のユーザー会でADVENTURECluster導入による計算時間の短縮効果を報告したが、モデル作成は手作業のため改善の余地を残していた。
    今回はモデル作成時間の短縮のため、モデリング時の煩雑な設定を廃し、細かいメッシュをオートで作成、計算負荷が増大した分は多並列化処理で補い、総合的な期間短縮を試みた。
  • 15:35~15:55

    Coffee Break

  • 15:55~16:25

    最新トピックスのご紹介

    SCSK株式会社
    製造エンジニアリング事業本部 解析ソリューション部
    中山 啓、峯村 貴央
  • 16:25~16:55

    プレポスト、ソルバ最新バージョンの機能のご紹介

    株式会社アライドエンジニアリング
    ADVC事業部
    大山 知信、大窪 敏裕
  • 16:55~17:00

    閉会あいさつ

    SCSK株式会社
    執行役員
    プラットフォームソリューション事業部門
    製造エンジニアリング事業本部長
    池 直樹
  • 17:20~18:50

    ユーザー懇親会

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 本ユーザー会の対象とならない方、同業他社様の方はお断りさせて頂く場合がございます。ご了承ください。

アフターレポート

お問い合わせ先

SCSK株式会社
プラットフォームソリューション事業部門
製造エンジニアリング事業本部 解析ソリューション部
ADVENTUREClusterユーザー会事務局
E-MAIL:advc-sales@ml.scsk.jp