特集:人を活かす会社の取り組み

特集:人を活かす会社の取り組み

会社が中長期的に成長し続けていくためには、すべての社員が健康でいきいきと、やりがいを持って働けることが大切です。

当社では、その環境づくりに組織一丸となって取り組んでいます。

経営トップの強いリーダーシップの下、業界でいち早く残業時間の削減と有給休暇の取得率向上を中心とする働き方改革に挑戦してきました。

その成果は着実に表れており、今もなお進化を続けています。

経営者が本気となって開始した「働き方改革」

人を活かす会社の取り組み

経営トップの強いリーダーシップの下、社員にとって「働きやすく、やりがいのある会社」を目指して、労働時間を減らしながら従来以上の付加価値を生み出すことを宣言しました。

「IT業界は残業がつきもの」という既成概念を打破すべく、業界に先駆けて会社の“あるべき姿”を定め、業務負荷の平準化や人材配置の最適化をはじめとする各種取り組みを進め、制度を整備するとともに「ただ長く働くことが正しいことでなく、メリハリのある効率的な働き方が正しい」という文化を根づかせました。

より効率的に働く「スマートワーク・チャレンジ」と新しい働き方を目指す「どこでもWORK」

働き方改革の全体像

2013年4月からは、全社施策として「スマートワーク・チャレンジ20」をスタートさせ、有給休暇取得日数20日(100%)および月間平均残業時間20時間未満を目標として各種施策を実践しています。

改善に向けた具体的な取り組みを各部署で検討、実践するなかで、職場におけるコミュニケーション活性化やチーム・組織力の向上といった効果も現れており、さらなる創意工夫につながっています。

2016年からは、「いつでもどこでも働ける」新しい働き方の実践・定着を目指し「どこでもWORK」を開始しました。「どこでもWORK」では、「リモートワーク」「ペーパーダイエット」「フレキシブルオフィス」の3つの施策を展開しています。今後は仕組みや環境面をさらに改善し、時間や働く場所にかかわらず「成果を重視する」意識を高めていくことを推進していきます。

詳細は、こちらをご覧ください。

働きがいの向上への取り組み

働き方改革のさらなる進化へ

事業環境の著しい変化を背景に、SCSKグループの2030年の目指す姿である「共創ITカンパニー」の実現にあたっては、働きやすさだけでなく、働きがいの変革も不可欠であると考えています。

働き方改革のパイオニアとして、また社会の基盤を支えるITサービス企業として、社会に共創的な価値を提供していくために、社員一人ひとりが自律的に成長し、高い働きがいを持てるよう、これまで以上にすべての人材がその能力を最大限発揮できる組織文化づくりに取り組んでいきます。

「働き方改革」を積極的に実践 「働き方改革」を積極的に実践

社員の心身の健康と仕事へのやりがいを高めることで、お客様へのサービス価値向上やステークホルダーの皆様への利益還元につながる好循環サイクルを実現できると考え、効率的で柔軟な働き方の実現を目指して継続的に取り組んでいます。

コロナ禍での人材マネジメント

採用活動や人材育成については、対面とオンラインの組み合わせによる時間と場所にとらわれない機会提供へシフトしています。採用活動では、インターンシップから面接までの全選考プロセスをオンラインに切り替えることで、海外を含め遠方の学生がエントリーしやすくなり、多様な人材の確保が促進されています。新人研修ではグループワークを要する一部の研修を除き、原則リモート環境で実施するなど、従来は対面で実施していた研修プログラムの90%をオンライン化し、教育機会の提供を継続しました。

今後は、対面とオンラインのそれぞれの良さを活かした採用活動、人材育成を進めていくことで、多様な人材の確保と育成に取り組んでいきます。