特集:人を活かす会社の取り組み

特集:人を活かす会社の取り組み

会社が中長期的に成長し続けていくためには、すべての社員が健康でいきいきと、やりがいを持って働けることが大切です。

当社では、その環境づくりに組織一丸となって取り組んでいます。

経営トップの強いリーダーシップの下、業界でいち早く残業時間の削減と有給休暇の取得率向上を中心とする働き方改革に挑戦してきました。

その成果は着実に表れており、今もなお進化を続けています。

経営者が本気となって開始した「働き方改革」

人を活かす会社の取り組み

経営トップの強いリーダーシップの下、社員にとって「働きやすく、やりがいのある会社」を目指して、労働時間を減らしながら従来以上の付加価値を生み出すことを宣言しました。

「IT業界は残業がつきもの」という既成概念を打破すべく、業界に先駆けて会社の“あるべき姿”を定め、業務負荷の平準化や人材配置の最適化をはじめとする各種取り組みを進め、制度を整備するとともに「ただ長く働くことが正しいことでなく、メリハリのある効率的な働き方が正しい」という文化を根づかせました。

より効率的に働く「スマートワーク・チャレンジ」と新しい働き方を目指す「どこでもWORK」

働き方改革の全体像

2013年4月からは、全社施策として「スマートワーク・チャレンジ20」をスタートさせ、有給休暇取得日数20日(100%)および月間平均残業時間20時間未満を目標として各種施策を実践しています。

改善に向けた具体的な取り組みを各部署で検討、実践するなかで、職場におけるコミュニケーション活性化やチーム・組織力の向上といった効果も現れており、さらなる創意工夫につながっています。

2016年からは「いつでもどこでも働ける」新しい働き方の実践として「どこでもWORK」を開始しました。ワーク・ライフ・バランス向上を目指した取り組みであり、在宅勤務を推進する取り組みです。段階的に対象組織を拡大し、課題の洗い出しと対策を行いながら、全社展開を進めています。

詳細は、こちらをご覧ください。

働き方改革のさらなる進化へ

働き方改革のさらなる進化へ

これまでの活動を通じて労働時間の削減や業務品質の向上への意識が浸透したことから、社員が働き方を見直し、より成果を追求していけるよう、2015年7月に裁量労働制の拡大などの人事制度改定を行いました。

これら一連の取り組みは社外からも高く評価されており、今後同業他社はもとより業種を超えた日本全体の働き方改革を後押ししていきます。さらには、これまで続けてきた働き方改革に加え、性別・年齢・国籍を超えてすべての社員が心身共に健康でいきいきと働ける会社、働きやすく、やりがいのある会社を目指していきます。

働き方改革の成果